「野口聡一」「星出彰彦」スペースシャトルとソユーズ両方搭乗

130QOcAlJl
2009年2月に宇宙飛行士候補者に
アルト・サックスの演奏など多趣味
以前は全日空のパイロット
2016年7月ソユーズに搭乗
古川聡 ふるかわさとし
大西卓哉(答)おおにしたくや
油井亀美也 ゆいきみや
山崎直子 やまざきなおこ

018ExJEHiB
次のうち、スペースシャトルと
ソユーズの両方に搭乗した
日本人宇宙飛行士を
全て選びなさい
星出彰彦(答)
野口聡一(答)
向井千秋
35%

 エンデバーコロンビアディスカバリーソユーズ
毛利衛1992
2000
向井千秋19941998
若田光一1996
2009.7
2000
2009.3
土井隆雄20081997
野口聡一20052009
星出彰彦20082012
山崎直子2010
秋山豊寛1990
古川聡2011
大西卓哉2016

大西 卓哉(おおにし たくや、1975年(昭和50年) – )は、東京都出身(その後、兵庫、大阪、岡山、東京、横浜で生育)のJAXA宇宙飛行士。前職は旅客機パイロット(全日本空輸ボーイング767型機副操縦士)。
>聖光学院高等学校を経て1998年(平成10年)3月、東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業後、全日本空輸に入社。全日空ではボーイング767型機の副操縦士として、国内線、国際線両方で運航に従事した。
宇宙飛行士として[編集]
2009年(平成21年)2月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)第31期宇宙飛行士訓練生に選抜された[1]。日本の宇宙飛行士はこれまで科学者・技術者で占められていたが、油井亀美也とともに両者外(現職パイロット)からの宇宙飛行士訓練生入りを果たした。
>2016年7月7日10時36分 (JST)、大西とロシアのアナトリー・イヴァニシン、アメリカのキャスリーン・ルビンズの3名を乗せたソユーズMS-01宇宙船はカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地からソユーズロケットで打ち上げられ、所定の軌道に到達した[5]。9日13時12分 (JST) にISSにドッキングの予定[5]。約4か月滞在した後10月末頃に帰還する予定となっている[6]。
引用元:大西卓哉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E5%8D%93%E5%93%89

ソユーズ(ロシア語: Союз)とは、ソビエト連邦およびロシア連邦の1 – 3人乗り有人宇宙船である。
2人乗りボスホート宇宙船に続くもので、ソ連の有人月旅行計画のために製作されたが、結局有人月旅行計画は実現されなかった。
当初はソ連の宇宙ステーション「サリュート」や「ミール」への連絡に使用され、登場から40年以上経た21世紀でも、国際宇宙ステーション (ISS) へアクセスする唯一の有人往復宇宙船、およびステーションからの緊急時の脱出・帰還用として、現役で使用されている。
名称の 「ソユーズ」は、ロシア語で「団結、結合」という意味で、ほかに「同盟」、「連邦」、「組合」という意味も持つ。ロシア語本来の読みは、「サユース」が近い。
>1990年12月2日、ソユーズTM-11にTBSの宇宙特派員として秋山豊寛が搭乗。秋山はソビエト連邦で宇宙飛行士の資格を取得してソユーズに搭乗したため、日本人で初めて宇宙空間に進出した宇宙飛行士となった。その模様は『日本人初!宇宙へ』で日本で放送された。彼は宇宙ステーションミールに1週間滞在後、ソユーズTM-10にて帰還。
>2009年12月21日、JAXAの野口聡一宇宙飛行士が搭乗したソユーズTMA-17が打ち上げられた。2010年6月2日、ISSにおける161日間の任務を終え、ソユーズTMA-17にて帰還した。尚、彼の宇宙滞在期間は若田光一の159日10時間46分を超える日本人最長記録となった。
>2011年6月8日、JAXAの古川聡宇宙飛行士が搭乗したソユーズTMA-02Mが打ち上げられた。
>2012年7月15日、JAXAの星出彰彦宇宙飛行士が搭乗したソユーズTMA-05Mが打ち上げられた。
引用元:ソユーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%BA