こうづしゅくすけ「神津俶祐」1969新種の角閃石を発見した鉱物学者

080hXoIXax
鉱物の1つ「神津閃石」に
名を残す鉱物学者です
神津俶祐
こうづしゅくすけ(答)
21%

神津 俶祐(こうづ しゅくすけ、1880年6月5日 – 1955年2月11日)は日本の岩石学者、鉱物学者。東北大学教授。
>火成岩溶融現象を研究した。月長石のX線による研究で世界的に知られるようになった。日本岩石鉱物鉱床学会や日本火山学会の設立にも貢献し、日本の岩石学の近代化を推し進めた。
なお、1969年岩手県田野畑鉱山(田野畑村)で発見された新種の角閃石には神津閃石の名が献名されている[1]。ただし、神津閃石の英名は2012年に Mangano-ferri-eckermanniteと名称変更されている。
引用元:神津俶祐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%B4%A5%E4%BF%B6%E7%A5%90

神津俶祐
こうづしゅくすけ
(1880―1955)

岩石学者、鉱物学者。長野県北佐久郡の生まれ。1905年(明治38)東京帝国大学地質学科卒業後、地質調査所技師などを経て東北帝国大学教授となり、岩石鉱物鉱床学教室を設立した。火成岩溶融現象の研究に着手し、日本の岩石学の近代化を推し進めた。月長石のX線による研究およびその熱的変化の研究は世界的に注目された。その後、多くの造岩鉱物の研究とともに、日本岩石鉱物鉱床学会や日本火山学会の設立に多大の貢献をした。1969年(昭和44)岩手県田野畑(たのはた)鉱山(閉山)より発見された新種の角閃(かくせん)石に神津閃石の名が献名された。[松原 聰]
引用元:神津俶祐(コウヅシュクスケ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E6%B4%A5%E4%BF%B6%E7%A5%90-496658

神津閃石
こうづせんせき
kozulite

マンガンを主成分とするアルカリ角閃(かくせん)石の一種。粒状ないし短柱状結晶の集合で、変成層状マンガン鉱床中に、石英、ブラウン鉱、ばら輝石などと共存する。岩手県下閉伊(しもへい)郡田野畑(たのはた)鉱山(閉山)で最初に発見され、その後オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州でも産出が知られた。1969年(昭和44)南部松夫(1917―2009)らによって発見され、東北帝国大学(現、東北大学)岩石鉱物鉱床学教室の設立者であり、岩石鉱物学者である神津俶祐(こうづしゅくすけ)にちなんで命名された。[松原 聰]
引用元:神津閃石(こうづせんせき)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E6%B4%A5%E9%96%83%E7%9F%B3-1533228#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

俶 [意味]
身なりを引き締めてととのえる。また、そのさま。 はじめ。物事の小さいおこりはじめ。 こぢんまりと引き締まったさま。女性の姿のととのったさま。

部首
人(ひとやね,ひとがしら,ひと,にんべん) < 同じ部首を検索 画数 10 (その他の10画の漢字) 音読み シュク テキ < 同じ読みを検索 訓読み はじめ よい < 同じ読みを検索 引用元:俶(シュク,テキ,はじめ,よい,)の意味や読み,俶を含む男の子/女の子の名前 (1件) | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断/名前占いはよく当たる! 素敵な名前を探そう https://mnamae.jp/c/4ff6.html