「被子植物」トウダイグサ「裸子植物」ハイネズ・イヌガヤ

055CprtDrC
次の植物を分類ごとに
グループ分けしなさい
39%

被子植物裸子植物
トウダイグサ
ハイネズ
イヌガヤ

595sRNEZTI
次の植物を分類ごとに
グループ分けしなさい

被子植物裸子植物
アスナロ
イチョウ
デイゴ
ライムギ
カラマツ

引用元:「被子植物」デイゴ「裸子植物」アスナロ「落葉樹」モクレン サクラ ケヤキ カラマツ カエデ「針葉樹」マツ スギ イチイ http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/16957/

トウダイグサ(燈台草、学名: Euphorbia helioscopia)は、日本では本州以南に広く分布し、日当たりのよい荒地や畑などに生える二年草。
草丈は20 cm-30 cm程度。葉のつきかたに特徴があり、茎の中程の葉はヘラ型で互生するが、茎の頂部の葉は丸みの強いヘラ型の葉を5枚ずつ輪生する。茎の頂部からは放射状に花茎を伸ばす。花期は4月-6月。苞葉の中に黄色い花を複数つける。苞葉は椀状で、その中に黄色い花がある様が、燈火の皿に見立てて和名がある。茎や葉を傷つけると白い乳液を出す。全草にわたり有毒である。
引用元:トウダイグサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%82%B5

ハイネズ(這杜松、学名:Juniperus conferta)は、ヒノキ科ビャクシン属の常緑針葉樹。地面を這って伸びる低木のコニファー。
>原種は、日本の海岸地帯に自生する。幹が地を這うように生える。葉は鋭く尖っていて触ると痛い。四国、沖縄県を除く[要出典]日本各地に分布するが、宮崎県内においては自生地が非常に限られる[要出典]。逆さは10cm程度で、2-3mほどの広さに成長して地面を覆うので グランドカバーとしてよく使われる[2]。潮風にもよく耐えるなど、砂地などの過酷な環境に適している。細根が少なく根張りも悪いので概して移植には向いていない[2]。日当たりと風通しの良い乾燥地を好む[2]。病害虫には強い[2]。先端部だけが勢いよく伸びるので、常に先端を剪定してバランスを取らないと密な樹形にはならない[2]。地面からの距離が低く、枝も粗いので雑草を防止する力は弱く、肥沃地では雑草に覆われて負けやすい[2]。
引用元:ハイネズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%8D%E3%82%BA

イヌガヤ(犬榧、学名:Cephalotaxus harringtonia)は、イチイ科イヌガヤ属の常緑小高木の針葉樹である。別名はヘビノキ(蛇の木)、ヘダマ(屁玉)、ヒノキダマ(檜玉)、ヘボガヤ(へぼ榧)など。属名の Cephalotxus は「頭状の花をつけるイチイ」の意で、種小名の harringtonia は人名に由来する。和名は犬ガヤであり、カヤに似ているが核が苦くて食えないことによる[4]。
引用元:イヌガヤ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%82%AC%E3%83%A4