「アストロスケール」宇宙ゴミ除去を目指すベンチャー企業「スケーリング」歯石除去

143HDETWTK
地球の周りを飛び交う「宇宙
ごみ」問題に取り組み企業です
アストロスケール(答)
29%

LSjWjxm
歯医者が専用の器具を用いて
歯石を取り除くことです
スケーリング(答)

 官民ファンドの産業革新機構は1日、人工衛星などと衝突事故を起こす宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去をめざすベンチャー「アストロスケール」に3千万ドル(約34億円)を出資すると発表した。宇宙ベンチャーへの出資は初めて。同社は強力な粘着材を持つ人工衛星を打ち上げて宇宙ゴミに接着させ、もろとも大気圏に落として燃やす計画を進めており、試作機を2018年に飛ばす予定。機構は宇宙ゴミの除去が有望なビジネスになるとみこんでおり、日本企業がこの分野で世界をリードできるように支援する。
引用元:宇宙ゴミ除去めざすベンチャーに34億円 産業革新機構:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJ31435TJ31ULFA00L.html

アストロスケール社は、スペースデブリ観測衛星を世界で初めて打ち上げる計画をしている宇宙ベンチャー企業です。より持続性のある宇宙開発のためにスペースデブリ問題に取り組む宇宙事業を展開しています。目指す壮大なミッション“スペースデブリ除去”は容易ではありませんが、技術力と民間企業がもたらすスピード感で宇宙業界に旋風を巻き起こしています。
引用元:アストロスケールについて|宇宙ゴミ問題解決へ IDEA OSG1 http://www.ideaosg1.com/mission/astro/

ASTROSCALE is a Singapore-based satellite services company that was founded in 2013 with the objective of developing innovative solutions against the growing number of space debris. The company’s mission is to actively contribute to the sustainable use of the space environment by developing scalable and innovative on-orbit technologies, in order to safely remove the most threatening debris in orbit.
引用元:ABOUT | ASTROSCALE http://astroscale.com/about

scale
【1自動】
うろこや薄片がはがれる
外皮がつく
【1他動】
〔魚のうろこを〕おとす、〔層になっている薄片を〕はがす、〔歯石を〕取る
〔湯垢や外皮を〕~につける
〔平らな物を〕投げて遠くにとばす、水切りさせる
〈豪〉~をだます、~にただ乗りする
【1名】
〔魚・爬虫類の〕うろこ
〔チョウ・ガの〕鱗粉
〔皮膚の〕鱗屑
薄片
《植物》芽鱗、鱗片◆【参考】bud scale, scale leaf
《動物》カイガラムシ(病)◆【参考】scale insect
〔金属を熱したときにできる〕薄い酸化膜、スケール
〔ボイラーややかんの内側にできる〕湯垢
歯石◆【同】tartar
引用元:scaleの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=scale