高燃焼熱順「アセチレン」「エチレン」「メタン」?

056zpwSYBh
次の化合物を、燃焼熱が
大きい順に選びなさい
メタン 890.36
アセチレン 1299.6
エチレン 1411.2
「アセチレン、エチレン、メタン」?(答)
55%
三重結合、二重結合、単結合順

QMAでは下図が正答ですが、
正しくは、「エチレン、アセチレン、メタン」ではないでしょうか?

057VOlNaOP

燃焼熱(ねんしょうねつ)とは、ある単位量の物質が完全燃焼した時に発生する熱量である。普通、物質1モルあるいは1グラム当たりの値が用いられ、単位はそれぞれ「J mol−1」「J g−1」で表される。
>標準状態 (298.15K, 105Pa)の理想系において、物質1molが完全燃焼したとき発生する熱量を標準燃焼熱と呼び、そのエンタルピー変化ΔcHºで表される。
yRZdzcJ
引用元:燃焼熱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E7%84%BC%E7%86%B1

燃焼熱ΔHcはマイナスが発熱をあらわす

こととする。Hの正式名称は「エンタルピー(熱含量)」というものであり、Δは[(生成物)-(反応物)]で定義されている。(添え字cは燃焼熱をあらわす。)物質がはじめの状態(反応物質)から生成物へ変化したとき熱含量が減ったことは、その分発熱として外部に出たことである。
qiebpbj

本講で出てくる物質について燃焼熱を調べておく。

水素: H2(g)+(1/2) O2(g) →H2O(l )  ΔHc= -285.8kJ

メタン: CH4(g)+2O2(g) →CO2(g)+2H2O(l )  ΔHc= -890.4kJ

エタン: C2H6(g)+(7/2)O2→2CO2(g)+3H2O(l ) ΔHc= -1558kJ

エチレン: C2H4(g)+3O2→2CO2(g)+2H2O(l )   ΔHc= -1410kJ

アセチレン: C2H2(g)+(5/2)O2→2CO2(g)+H2O(l ) ΔHc= -1300kJ
引用元:化学工学への招待 熱化学ice_h1 http://chemeng.in.coocan.jp/ice/ice_h1.html