ドイツ人の科学者「マイスナー」「ゼーベック」「バルクハウゼン」

028jGugnKn
科学の効果に名を残す
次の人物のうち
ドイツ人を全て選びなさい
ドップラー オーストリア
コンプトン アメリカ
マイスナー(答)

ゼーベック(答)
ペルティエ フランス
マグヌス(答)
バルクハウゼン(答)
43%

ヨハン・クリスチアン・ドップラー(Johann Christian Doppler、1803年11月29日 – 1853年3月17日)は、オーストリアの物理学者、数学者、天文学者。
観測者と震動源との相対運動によって振動数が変化することを詳しく調べ、1842年、それをもとに数学的な関係式をつくった。いわゆる「ドップラー効果」である。
引用元:クリスチャン・ドップラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC

アーサー・コンプトン(Arthur Holly Compton,1892年9月10日 – 1962年3月15日)は、アメリカの実験物理学者。1920年からセントルイスのワシントン大学、1923年からはシカゴ大学で教職に就いた。兄のカール・テイラー・コンプトンも物理学者。
コンプトンは自由電子によって散乱されたX線の波長が長くなっていることを実験によって発見した(コンプトン効果)。これはX線の持つエネルギーが、散乱される前に比べて減少したことを意味している。つまり電磁波が持っていたエネルギーの一部が自由電子に移ったと解釈できる。コンプトン効果は光の粒子性を証明する実験の一つとされた。
引用元:アーサー・コンプトン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3

フリッツ・ヴァルター・マイスナー(Fritz Walther Meißner (Meissner), 1882年12月16日 – 1974年11月16日)は、ドイツの物理学者。超伝導の特性の1つであるマイスナー効果を発見した。
引用元:ヴァルター・マイスナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC