「レジリエンス」resilience 精神的回復力・抵抗力 心理学用語

036uQhRJGK
ストレスに打ち勝つ
強い精神力のこと
レジリエンス(答)
resilience
21%

レジリエンス(resilience)とは、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される心理学用語である。心理学、精神医学の分野では訳語を用いず、そのままレジリエンス、またはレジリアンスと表記して用いることが多い。「脆弱性 (vulnerability) 」の反対の概念であり、自発的治癒力の意味である。
>レジリエンス(resilience)は、元々はストレス (stress) とともに物理学の用語であった。 ストレスは「外力による歪み」を意味し、レジリエンスはそれに対して「外力による歪みを跳ね返す力」として使われ始め[1]、精神医学では、ボナノ (Bonanno,G.) が2004年に述べた「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することができる能力」という定義が用いられることが多い[2]。 1970年代には貧困や親の精神疾患といった不利な生活環境 (adversity) に置かれた児童に焦点を当てていたが、1980年代から2000年にかけて、成人も含めた精神疾患に対する防衛因子、抵抗力を意味する概念として徐々に注目されはじめた[3]。
具体的に解りやすい例がPTSDである。 1995年のアメリカの論文には、アメリカ人の50% – 60%がなんらかの外傷的体験に曝されるが、その全ての人がPTSDになるわけではなく、PTSDになるのはその8% – 20%であるという[4]。 2006年の論文では、深刻な外傷性のストレスに曝された場合、PTSDを発症するのは14%程度と報告されている[5][6]。 では、なる人とならない人の差は何か、というのがこのレジリエンスである。
引用元:レジリエンス (心理学) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9_(%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6)

resilience
【名】
〔病気・不幸・困難などからの〕回復力、立ち直る力、復活力◆【同】buoyancy
〔変形された物が元の形に戻る〕復元力、弾力(性)◆【類】elasticity
発音rizíliəns、カナレジリエンス
引用元:resilienceの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=resilience

ヴァルネラビリティ
社会学や現代思想の分野では「可傷性・暴力誘発性・傷つきやすさ」などと訳される。

軍事用語やコンピュータ用語としては「脆弱性」と訳されるのが一般的。

→vulnerability
引用元:ヴァルネラビリティとは – はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%F4%A5%A1%A5%EB%A5%CD%A5%E9%A5%D3%A5%EA%A5%C6%A5%A3

vulnerability
【名】
脆弱性カナバルネラビリティー
引用元:vulnerabilityの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=vulnerability