「アパルーサ」種 米国原産の馬種 斑点が特徴

034mirghBq
西部劇にもよく登場する
斑点が美しいウマの種類です
アパルーサ(答)
Appaloosa
28%

アパルーサ種 (Appaloosa)

分類:乗馬 体高:142-152cm 原産地:アメリカ・北西部。18世紀にインディアンのネパーズ族が、ヨーロッパ大陸から持ち込まれ野生していたムスタングを再家畜化した馬を、1870年代以降サラブレッドを用いて改良した。このネパーズ族がパルース川周辺に居住していたためこの名がついた。登録はアパルーサ・ホースクラブ。体の斑点が特徴的だが、その位置や色合いから6種類に分類される。骨太で体は引き締まっている。たてがみと尾の毛は少ない。優秀なカウ・ポニーであるが、派手な容貌からサーカスなどでもよく用いられている。
引用元:アパルーサ種 (Appaloosa)(あばるーさしゅ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E7%A8%AE+(Appaloosa)-1491552

アパルーサ (英語:Appaloosa) は、アメリカ原産のウマの品種で体の斑点が特徴である。体のタイプは種類が多く、改良の歴史に現われた品種の影響がみえる。毛色は原毛色の上に斑文が重なり、遺伝的に引き継がれた結果である。そのことからウマの毛色を決める遺伝子の研究において、アパルーサの斑文ほか身体的な特徴を決める遺伝子は「豹文の突然変異」 (LP: leopard complex mutation) と結びつくとして注目を集めている。また頻発性のウマのぶどう膜炎、豹文の変異遺伝子と関係の深い夜盲症がよくみられる。
>今の時代、アパルーサはアメリカでもっとも人気のある品種に加わり、1975年にはアイダホ州の馬に選べれた。ウエスタン馬術の飼育馬として規律を築き上げながら、馬術のほかの競技でも実力を発揮する品種でもあるのだ。アパルーサが登場する映画も多く、あるいはセミノールズというフロリダ州立大学の体育会系クラブで公式マスコットに選ばれている。血統として影響を与えた種は多く、ポニー・オブ・アメリカ、ネズ・パース・ホース、数種類の4歩速の馬を含む。
映画への出演も多く、またフロリダ大学の公式マスコットに選ばれた。またポニー・オブ・アメリカ種、ネスパーズ種に加え、アンブル馬 (4歩速馬) のいくつかなど他の品種にも影響を与えた。

引用元:アパルーサ (馬) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B5_(%E9%A6%AC)