「素数の歌」加藤和也東大名誉教授が作詞

336LWqBykB
東京大学名誉教授の加藤和也が
森川和男のメロディに詩をつけて
書き上げたのは「◯◯の歌」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
そすう(答)
「素数の歌」
53%

CIMG0762agMZNsjtTGuz
2011年に、京都大学の木村欣司
特定准教授は「数式処理による
◯◯次方程式の判別式計算」に
成功した? 数字で答えなさい
16(答)

加藤 和也(かとう かずや、1952年(昭和27年)1月17日 – )は日本の数学者。シカゴ大学教授。東京大学名誉教授。和歌山県生まれ、愛媛県育ち。
>「素数の歌」「ゼータ笑いの歌」「p進数の歌」「平方剰余の相互法則の歌」「数の線路の歌」「ゼータみすかの歌」「紙時計の歌」「吉田塾合宿の歌」を作詞した。
学生のころ大学ノートを1日1冊使い切った[3]。
現在では整数論における世界的リーダーだが、学生時代は進振りの成績が良くなく、進みたかった天文学科に進めずに航空学科に進んだ。航空学科では留年した。ところが数学科に転科して代数のテストを受けたところダントツだった[4]。
引用元:加藤和也 (数学者) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%92%8C%E4%B9%9F_(%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85)

2011年6月27日
富士通株式会社
株式会社富士通研究所
京都大学において数式処理の世界記録を達成

富士通のシステムを活用した16次方程式の判別式計算の成功により、「ものづくり」の品質向上に期待

国立大学法人京都大学(注1)(以下、京都大学)情報学研究科の木村欣司特定准教授が、数式処理による16次方程式の判別式計算に世界で初めて成功しました。今回の成果は、京都大学学術情報メディアセンター様に対して富士通株式会社(注2)(以下、富士通)が納入したサーバ『SPARC Enterprise M9000』とミドルウェア『Parallelnavi(パラレルナビ)』、および、株式会社富士通研究所(注3)(以下、富士通研究所)の数式処理技術を用い、木村欣司特定准教授が開発した新たな高速計算アルゴリズムにより、従来は15次方程式までだった判別式計算の世界記録を更新したものです。
引用元:京都大学において数式処理の世界記録を達成 : 富士通 http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/06/27-2.html