「管歯目」ツチブタ「岩狸目」ハイラックス「異節目」ナマケモノ

139Vwyarfh
次の哺乳類の動物と
それが属する目の
正しい組み合わせを選びなさい
コウモリ───翼手目
ナキウサギ───重歯目
ツチブタ───管歯目
ハイラックス───岩狸目
ヒヨケザル───皮翼目
ツパイ───登木目
ナマケモノ───異節目
54%

ウサギ【ウサギ(兎)】

長い耳と植物をかじることに適した長大な門歯をもつウサギ目Lagomorphaに属する哺乳類の総称。ウサギ目は,以前はネズミやリスなどと同じ齧歯(げつし)目の1亜目重歯類とされたこともあるが,血清学的に齧歯目とは関係が遠いことが明らかになり,形態学的にも大きく異なる点があることから,現在は独立した目とされている。南極大陸とオセアニア,マダガスカルおよび東南アジアの多くの島を除く全世界に広く自然分布する。
引用元:ウサギ(兎)(ウサギ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE(%E5%85%8E)-819505

世界大百科事典 第2版の解説
かんしるい【管歯類】

管歯目Tubulidentataに属する哺乳類の総称。アリ,シロアリを主食とする原始的な有蹄類で,中央に管がある六角形の柱が多数集まってできた特異な歯をもつためこの名がある。前足は第1指を欠き4指,後足は5指,後足は半蹠行性(はんしよこうせい)でかぎづめとひづめの中間のがんじょうな偏爪(へんそう)をもつ。吻(ふん)が長く筒状で,円板状の吻端に鼻孔が開き,体が太く毛がまばらで一見ブタに似ている。舌が細長く,耳介が大きい。
引用元:管歯類(かんしるい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%AE%A1%E6%AD%AF%E9%A1%9E-1157003

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
ツチブタ
つちぶた / 土豚
aardvark
[学]Orycteropus afer

哺乳(ほにゅう)綱管歯目ツチブタ科の動物。アフリカ大陸のみに分布する。1種で1目1科を構成するので、管歯類とよばれることもある。頭胴長120~140センチメートル、尾長45~60センチメートル、体重50~80キログラム。頭部は細長く、吻(ふん)は管状で耳は大きい。皮膚は厚く灰褐色か暗褐色をしており、褐色の体毛がまばらに生え、全体がブタに似ている。
引用元:ツチブタ(ツチブタ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%84%E3%83%81%E3%83%96%E3%82%BF-99289#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

ハイラックスは、哺乳綱イワダヌキ目(ハイラックス目、岩狸目)イワダヌキ科(ハイラックス科)の総称である[1]。イワダヌキ科はイワダヌキ目唯一の現生科である。別名イワダヌキ。
引用元:ハイラックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9