京都大学出身「湯川秀樹」「朝永振一郎」「福井謙一」「利根川進」「野依良治」「赤崎勇」

113EiHPbeQ
次のノーベル賞受賞者のうち
京都大学の出身者を
全て選びなさい
朝永振一郎(答)
江崎玲於奈 東京大学
田中耕一 東北大学

湯川秀樹(答)
赤崎勇(答)
福井謙一(答)
野依良治(答)
利根川進(答)
30%

「日本人のノーベル賞受賞者」(にほんじんのノーベルしょうじゅしょうしゃ)では、今までにノーベル賞を受賞した日本人の一覧を掲載する。受賞対象となった研究成果を挙げた時に日本国籍でありながら受賞時点で日本国籍を喪失していた受賞者や、参考情報として日本にゆかりのある受賞者も含めて掲載する。
引用元:日本人のノーベル賞受賞者 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85

湯川 秀樹(ゆかわ ひでき、1907年(明治40年)1月23日 – 1981年(昭和56年)9月8日)は、日本の理論物理学者。
京都府京都市出身[1]。
原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより、湯川の理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。
京都大学・大阪大学名誉教授。京都市名誉市民。1943年(昭和18年)文化勲章。位階勲等は従二位勲一等旭日大綬章。学位は理学博士。
引用元:湯川秀樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E7%A7%80%E6%A8%B9

朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 – 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本の物理学者。相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を基にくりこみ理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。東京生まれで京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県の出身。
引用元:朝永振一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%B0%B8%E6%8C%AF%E4%B8%80%E9%83%8E

福井 謙一(ふくい けんいち、1918年10月4日 – 1998年1月9日)は、日本の化学者。京都大学
・京都工芸繊維大学名誉教授。日本学士院会員、ローマ教皇庁科学アカデミー会員、全米科学アカデミー外国人客員会員。工学博士。奈良県奈良市出身(大和郡山市出身の説もある[2])。大阪市西成区育ち。
引用元:福井謙一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E8%AC%99%E4%B8%80

赤﨑 勇(あかさき いさむ、1929年1月30日 – )は、日本の半導体工学(化学工学者)。学位は工学博士(名古屋大学)。京都大学名誉博士。名城大学大学院理工学研究科終身教授、名城大学窒化物半導体基盤技術研究センター長、名古屋大学特別教授・名誉教授、名古屋大学赤﨑記念研究センターリサーチ・フェロー、文化功労者、文化勲章受章者、日本学士院会員。
引用元:赤崎勇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%B4%8E%E5%8B%87

野依 良治(のより りょうじ、1938年9月3日[1] – )は、日本の化学者(有機化学)。学位は工学博士(京都大学・1967年)。2001年に「キラル触媒による不斉反応の研究」が評価されノーベル化学賞を受賞した。
国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター長[2]、名古屋大学特別教授、名城大学客員教授、高砂香料工業株式会社取締役。名古屋大学大学院理学研究科研究科長、理学部学部長、物質科学国際研究センターセンター長、独立行政法人理化学研究所理事長などを歴任した。日本学士院会員。
引用元:野依良治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E4%BE%9D%E8%89%AF%E6%B2%BB

利根川 進(とねがわ すすむ、1939年9月5日 – )は、日本の生物学者(カリフォルニア大学サンディエゴ校Ph.D.)。1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、マサチューセッツ工科大学教授(生物学科、脳・認知科学科)を務める他、ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長、理研-MIT神経回路遺伝学研究センター長等も兼任。京都大学名誉博士。
分子生物学と免疫学にそのバックグラウンドを持つが、近年は、脳科学・神経科学にもその関心を広げ、Cre-loxPシステムを用いた遺伝子ノックアウトマウスの行動解析等による研究で成功を収めている。
引用元:利根川進 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E6%A0%B9%E5%B7%9D%E9%80%B2