有毒植物「フクジュソウ」「スイセン」「トリカブト」

111ouQZqvX
次のうち、毒を持つ
植物を全て選びなさい
ドクダミ
アマチャヅル
スイセン(答)
48%

326vrwQnrGSRk
次のうち、毒を持つ
植物を全て選びなさい
トリカブト(答)
アマチャヅル
ドクダミ
スイセン(答)
フクジュソウ(答)
引用元:ナス科「ホオズキ」「ベラドンナ」「チョウセンアサガオ」 有毒植物「トリカブト」「スイセン」「フクジュソウ(キンポウゲ科)」 コンフリー「ヒレハリソウ」 マンドラゴラ「恋なすび」 ベラドンナ「セイヨウハシリドコロ」 「ポトス」オウゴンカズラ「ディスキディア」フクロカズラ http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/6398/


次のうち、毒を持つ
キノコを全て選びなさい
ツキヨタケ(答)
クサウラベニタケ(答)
イッポンシメジ(答)
ベニテングダケ(答)

トリカブト(別名:カブトギク,カブトバナ,アコニツム)
>茎は一般に直立あるいは斜めになり、つる性のものもある。茎の高さは1m前後。秋に枝分かれした茎の先に独特な兜状の花を咲かせる。形態に変化が多く,種類が多く,種分類が困難な一群である。花色は一般に紫色で,稀に白色,淡黄色などがある。全草に有毒アルカロイドのアコニチン系アルカロイドを含有する。
>毒性成分
アコニチン aconitine 系アルカロイド (アコニチン,メサコニチン,ヒパコニチンなど)
>中毒症状 口唇や舌のしびれに始まり,次第に手足のしびれ,嘔吐,腹痛,下痢,不整脈,血圧低下などをおこし,けいれん,呼吸不全(呼吸中枢麻痺)に至って死亡することもある。 致死量はアコニチン2〜6mg
引用元:自然毒のリスクプロファイル:高等植物:トリカブト |厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082112.html

一般名
スイセン類
>生育地
地中海沿岸からアフリカ北部の原産で、園芸品として色や形の異なる多くの種類がある。多年草で、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い。ニホンスイセンは観賞用に全国で栽培されるほか、 関東地方以西の本州の暖地海岸に野生状態で生育するが自生ではない。
>毒性成分
リコリン lycorine 、タゼチン tazettine などのアルカロイド
>中毒症状
悪心、嘔吐、下痢、流涎、発汗、頭痛、昏睡,低体温など
>発病時期
30 分以内の短い潜伏期間の後に発症
引用元:自然毒のリスクプロファイル:高等植物:スイセン類 |厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000075843.html

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。1月1日の誕生花。
>誤食[編集]
地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウと間違えて誤食しやすい。また、若葉がヨモギの葉に似ている。症状は嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺など。重症の場合死亡する[1]。
引用元:フクジュソウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BD%E3%82%A6

有毒植物(ゆうどくしょくぶつ)とは、その全体あるいは一部に毒を持つ植物。毒草(どくそう)とも言うが、草本類だけでなく木本類も含めた言葉の厳密性から有毒植物という言葉が用いられる。植物に含まれる毒としてはアルカロイド類が多い。
引用元:有毒植物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%AF%92%E6%A4%8D%E7%89%A9