「フレグモーネ」化膿性の細菌感染症「蜂窩織炎」

045QjPnCCT
日本では「蜂窩織炎」ともいう
傷口から侵入したブドウ球菌など
によって引き起こされる急性の
炎症を何という?
モーグレフネ
フレグモーネ(答)
Phlegmon
50%

蜂窩織炎(ほうかしきえん、cellulitis、phlegmon[e])とは、好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり、細胞間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死分解させている、進展性の化膿性炎症である。蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん)、フレグモーネともいう。
「蜂窩」とはハチの巣のことで、顕微鏡標本上に見える、浮遊している好中球をハチの幼虫に見立て、融解し切らずに残っている間質を巣の仕切りに見立てた名称である。
引用元:蜂窩織炎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%82%E7%AA%A9%E7%B9%94%E7%82%8E

皮下の組織に見られる急性の化膿性疾患である。化膿を起こす細菌は、外傷部位から侵入することが大半である。馬では病勢のテンポは極めて早く、一夜のうちに馬の肢が腫〔は〕れ上がることも稀ではなく、激しい疼痛を伴う。早期発見、早期治療が肝心である。
引用元:フレグモーネ(競馬用語辞典) JRA http://jra.jp/kouza/yougo/w86.html