「陽性植物」ヨモギ・カタクリ・ススキ・タンポポ「陰生植物」ヤブラン・シャガ・ドクダミ・リュウノヒゲ・カンアオイ

148DZCMdJr
次の草花のうち
日なたでないと育たない
「陽生植物」を全て選びなさい
タンポポ(答)
ススキ(答)
カタクリ(答)
ヨモギ(答)
40%

CIMG523539h7brV9TSSr
次の草花のうち
日陰でもよく育つ
「陰生植物」を
全て選びなさい
リュウノヒゲ(答)
ススキ
カタクリ

カンアオイ(答)
シャガ (答)
ヤブラン (答)
ドクダミ(答)
タンポポ
ヨモギ

カタクリとカンアオイが被りますが、
陰性植物のゴロ「陰りシャドー」とか
陰性は「宿で監視」とか。

陽生植物
ようせいしょくぶつ

日当りのよい場所によく生育する植物で、弱光下では耐陰性が乏しく、成長が阻害される。大部分の一年生植物、砂漠植物、高山の山頂部に生育する植物などが含まれる。典型的な陽生植物では陽葉のみで、陰葉をほとんど生じない。また、陽生植物は強光のもとでは物質生産速度が高い。一般に日当りのよい場所は風通しもよく、土地も乾燥するため、陽生植物は耐乾性の性質も兼ね備えている。
 陽生植物の代表的な種は、樹木ではアカマツ、シラカンバ、ヤシャブシ、アカメガシワ、クサギ、ウツギなど、草本植物ではススキ、シバ、タンポポ、ナズナ、ニシキソウ、エノコログサなどがあげられる。草原や日の当たる路傍に生える植物、耕作地の作物や雑草などはほとんどが陽生植物である。[奥田重俊]
引用元:陽生植物(ようせいしょくぶつ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%99%BD%E7%94%9F%E6%A4%8D%E7%89%A9-145758

陰生植物
いんせいしょくぶつ

樹林下などの日陰の場所でよく生育する植物。群落内では上層の葉層によって光を遮られ、しかも風通しもよくない。したがって空中湿度は高く、温度は低いままで、あまり変わらないという環境条件となる。陰生植物はこうした環境に適応するため、一般に陰葉が発達し、葉色は濃色で、茎は伸長し、目だたない花をつける植物が多く、いずれも弱光下で合理的な物質生産を行うことができる。代表的な種は、樹木ではアオキ、ヤブツバキ、ネズミモチ、ヒサカキ、アリドオシなど常緑広葉樹木が多い。草本植物ではカンアオイ、ジャノヒゲ、キチジョウソウ、フッキソウ、カンスゲ、イノデ、ヤブソテツなどの常緑植物や、ヤブマオ、ムカゴイラクサ、ドクダミ、ミズ、チャルメルソウなどがあげられる。コケ植物には陰生植物とよべる種がきわめて多い。[奥田重俊]
引用元:陰生植物(いんせいしょくぶつ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%99%B0%E7%94%9F%E6%A4%8D%E7%89%A9-32941

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 (Taraxacum) の総称である。多年生。多くはユーラシア大陸に自然分布する。
>多くの種では黄色い花を咲かせ、綿毛(冠毛)のついた種子を作る。生命力の強い植物で、アスファルトの裂目から生えることもある。50センチ以上もの長い根を持ち、最大で1メートル程度まで伸びる個体も珍しくない。
成長点が地面近くに位置するロゼット型の生育型で、茎が非常に短く葉が水平に広がっている。このため、表面の花や茎を刈っても容易に再び生え始める。撹乱の頻発する、他の植物が生きていけないような厳しい環境下で生えていることが多い。
引用元:タンポポ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%9D

ススキ(芒、薄、Miscanthus sinensis)とは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本である。
>日本には全国に分布し、日当たりの良い山野に生息している。夏緑性で、地上部は冬には枯れるのが普通であるが、沖縄などでは常緑になり、高さは5mに達する。その形ゆえに、たまにサトウキビと勘違いする観光客がいる。国外では朝鮮半島・中国・台湾に分布するほか、北米では侵略的外来種として猛威をふるっている(日本にセイタカアワダチソウが侵入したのと逆の経路で伝播)。
引用元:ススキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%AD

カタクリ(片栗、学名:Erythronium japonicum Decne.)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。古語では「堅香子(かたかご)」と呼ばれていた[1]。
>早春に10 cm程の花茎を伸ばし、薄紫から桃色の花を先端に一つ下向きに咲かせる。蕾をもった個体は芽が地上に出てから10日程で開花する[2]。
引用元:カタクリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AA

ヨモギ(蓬、学名:Artemisia ind
>ica var. maximowiczii[1][2])は、キク科の多年草。 別名モチグサ(餅草)[3]、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサ[4]。 英語ではJapanese mugwortとも呼ばれるが英語のmugwortとは異なることがあるので注意が必要。
>日本全国いたるところに自生し、[3]地下茎はやや横に這い、集団を作る。茎は立ち上がり、やや木質化する。葉は大きく裂け、裏面には白い毛を密生する。夏から秋にかけ、茎を高く伸ばし、目立たない花を咲かせる。
セイタカアワダチソウと同様に地下茎などから他の植物の発芽を抑制する物質を分泌する。この現象をアレロパシー(他感作用、allelopathy)と言う。
引用元:ヨモギ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%A2%E3%82%AE