「スタンダール症候群」 芸術作品を見た際に目眩等が起こること

087yiSZPvR
イタリアの心理学者
G・マゲリーニが命名した
素晴らしい芸術を目にした際に
目眩等の症状に襲われる現象は?
フローベール症候群
サガン症候群
セリーヌ症候群
スタンダール症候群(答)
47%

スタンダール・シンドローム(英: The Stendhal Syndrome)は、フランスの作家スタンダールが、1817年に初めてイタリアへ旅行した時にフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂の内部の17世紀のフレスコ画を見上げていた時に、突然眩暈と動揺に襲われしばらく呆然としてしまったということから、1989年、イタリアの心理学者グラツィエラ・マゲリーニが同様の症状を呈した外国人観光客の例を数多く挙げてこのように命名したもの。彼女によると、崇高な充実感と同時に強い圧迫感が見られたという。
>原因は解明されていない。憧れのイタリア美術の精髄を目の当たりにして、その作品の中に吸い込まれるような経験をするのだという説もあるが、イタリアのローマやフィレンツェ、ミラノのような都市は見上げるような人を圧倒する美術作品、建築が多く、長く上を見上げて眺め続ける姿勢により、眩暈や吐き気、失神が引き起こされるという説もある。
引用元:スタンダール・シンドローム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0

歴史的に大きな意味を持つ寺院や神殿、そこに設置されている絵画や彫刻などを見た際に、眠気や吐き気などの心身症的反応を起こすこと。スタンダール・シンドローム(The Stendhal Syndrome)。
>1817年、フランスの作家であるスタンダールことMarie-Henri Beyleがフィレンツェを訪れた際に、このような症状が出たと自著に記したことから語源となった。特に日本だと奈良や京都、ヨーロッパならアテネやフィレンツェなどの寺院や神殿、教会、そこに設置ないし収蔵されている絵画や彫刻を見た時におこるものだとされている。その対象は個々によって異なるが、その作品ないし敷地内に立ち入るだけで強烈な睡魔に襲われたり、あくびを多発したり、脱力感、吐き気、過去の発作の再発などが起こるとの報告がある。精神病的反応である「エルサレム症候群」と同質のものであると思われる。
引用元:スタンダール症候群とは – はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%BF%A5%F3%A5%C0%A1%BC%A5%EB%BE%C9%B8%F5%B7%B2