「シノサウロプテリクス」 羽毛が発見された恐竜 “中国の竜の翼”

478bCiXHCS
次の文字列を順に選んで
白亜紀の前期に栄えた
恐竜の名前にしなさい
シノサ
ウロ
プテ
リクス
「シノサウロプテリクス」

シノサウロプテリクス(Sinosauropteryx,“中国の竜の翼”)は、中生代白亜紀前期(約1億4400万年前~約9900万年前)に生息した体長約1メートルの小型の羽毛恐竜である。中国の表記は中華竜鳥、日本でも漢字表記される場合がある。
>1996年に恐竜としては初めて羽毛が化石化した状態で発見された[1]。 そのため、鳥類であると当初考えられ中華竜鳥と名付けられたが、羽毛といってもダウンのような綿毛か、あるいは更に祖先的な、鳥の雛に見られる様な皮膚表面のケラチン質が伸長したチューブ状構造物であるとされる[2]。また形態的特徴からも鳥類とも遠縁のコンプソグナトゥス類であることが分かった。
ノコギリ状の歯を持ち、小動物や昆虫等を捕食していたと考えられる。
引用元:シノサウロプテリクス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9

ところが今回イギリスのブリストル大学と中国科学院の研究チームが、白亜紀前期の恐竜シノサウロプテリクス(中華竜鳥)の羽毛から色の特定に成功したそうです。
>これにより、シノサウロプテリクスの色は栗色(赤褐色)で、縞模様の尾を持っていることが判明しました。

恐竜は爬虫類から進化し、現生の動物では鳥類に最も近いのですが、この2種類の動物たちは隠れたり、目立たせたりするための印象的な色で知られています。

そのため恐竜の幾種類かは派手な色を持つ可能性を考えられていました。さらにカモフラ―ジュのために体の色を変えたりすることも推測されていました。

科学者らは、シノサウロプテリクスの羽毛にメラニン色素を含む細胞「黒色素胞」を発見し、それによりだいたい何色をしているのか、さらに色のパターンや模様までが判明したとのことです。
引用元:謎とされてきた恐竜の色がついに特定される…イギリス・中国の研究チーム:らばQ http://labaq.com/archives/51384130.html