「地球温暖化係数」順 二酸化炭素 メタン 一酸化二窒素 六フッ化硫黄

476yIcIaPp
CIMG1184QOOyojsKjeKE
次の温室効果ガスを
温暖化への影響度を示す
「地球温暖化係数」の
小さい順に選びなさい
二酸化炭素 1
メタン 25
一酸化二窒素 298
六フッ化硫黄 22800

040xdFhSOI
次の実験のうち
二酸化炭素が発生するものを
全て選びなさい
炭酸水素ナトリウムを加熱する(答)2NaHCO3→Na2CO3+H2O+CO2
アルミニウムに塩酸を加える「水素」2Al+6HCl→2AlCl3 + 3H2
石灰石に塩酸を加える(答) CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O
水酸化ナトリウムを加熱(答) NaOH+CO2=NaHCO3からNaHCO3=Na2CO3+CO2+H2O
過酸化水素水を加熱する「酸素」2H2O2→O2+2H2O
硫化鉄に塩酸を加える「硫化水素」FeS+2HCl→FeCl2+H2S

亜鉛に塩酸を加える「水素」Zn+2HCl→ZnCl2+H2
酸化銀を加熱する「酸素」2Ag2O→4Ag+O2

第四条  法第二条第五項 の政令で定める地球温暖化係数は、次の各号に掲げる温室効果ガスの区分に応じ、当該各号に定める係数とする。
一  二酸化炭素 一
二  メタン 二十五
三  一酸化二窒素 二百九十八

>三十二  六ふっ化硫黄 二万二千八百
三十三  三ふっ化窒素 一万七千二百
引用元:地球温暖化対策の推進に関する法律施行令 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11SE143.html

第二条  この法律において「地球温暖化」とは、人の活動に伴って発生する温室効果ガスが大気中の温室効果ガスの濃度を増加させることにより、地球全体として、地表、大気及び海水の温度が追加的に上昇する現象をいう。
2  この法律において「地球温暖化対策」とは、温室効果ガスの排出の抑制並びに吸収作用の保全及び強化(以下「温室効果ガスの排出の抑制等」という。)その他の国際的に協力して地球温暖化の防止を図るための施策をいう。
3  この法律において「温室効果ガス」とは、次に掲げる物質をいう。
一  二酸化炭素
二  メタン
三  一酸化二窒素
四  ハイドロフルオロカーボンのうち政令で定めるもの
五  パーフルオロカーボンのうち政令で定めるもの
六  六ふっ化硫黄
七  三ふっ化窒素
4  この法律において「温室効果ガスの排出」とは、人の活動に伴って発生する温室効果ガスを大気中に排出し、放出し若しくは漏出させ、又は他人から供給された電気若しくは熱(燃料又は電気を熱源とするものに限る。)を使用することをいう。
5  この法律において「温室効果ガス総排出量」とは、温室効果ガスである物質ごとに政令で定める方法により算定される当該物質の排出量に当該物質の地球温暖化係数(温室効果ガスである物質ごとに地球の温暖化をもたらす程度の二酸化炭素に係る当該程度に対する比を示す数値として国際的に認められた知見に基づき政令で定める係数をいう。以下同じ。)を乗じて得た量の合計量をいう。
引用元:地球温暖化対策の推進に関する法律 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO117.html