「オンナダケヤモリ」世界に分布する恩納岳由来のヤモリ「キシノウエトカゲ」日本最大のトカゲ 宮古・八重山諸島に生息する天然記念物

099nzsAvVm
最初に発見された沖縄の山の
名前に由来するハ虫類です
オンナダケヤモリ(答)
39%

331cMnuLXW
宮古・八重山諸島に棲息
かつて食用になった
天敵はイリオモテヤマネコ
日本最大のトカゲ
オカダトカゲ
キシノウエトカゲ(答)
ドウナガトカゲ
ムカシトカゲ

オンナダケヤモリ(Gehyra mutilata[3])は、爬虫綱有鱗目トカゲ亜目ヤモリ科フトオヤモリ属に分類されるトカゲである[1][2]。和名は、本種が日本では沖縄本島の恩納岳で初めて発見されたことに由来する[3][4]が、恩納岳の固有種ではなく、世界の広い範囲に生息している[2]。
引用元:オンナダケヤモリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%80%E3%82%B1%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%AA

キシノウエトカゲ(岸之上蜥蜴、Plestiodon kishinouyei)は、爬虫綱有鱗目トカゲ科トカゲ属に分類されるトカゲ。
>日本(宮古列島、八重山列島)固有種[1][2][3][4][5]
>頭胴長は14 – 17.2cm、全長は30 – 38cmで、最大全長は40cmになる[5]。日本に分布するトカゲ亜目の構成種では最大種[1][2][3][4]。背面は淡緑褐色[3]。正中線上に入る縦縞は途中で途切れ、頭頂で斑点状になる[2]。側頭部に入る縦縞は耳孔で途切れる。[2]
>草原や海岸、農耕地などの開けた環境に生息する[2][3][4]。カニなどの作った穴や石や木などの根元の穴などを巣として利用する[5]。天敵としてはヨナグニシュウダなどが挙げられる[2]。
引用元:キシノウエトカゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2

キシノウエトカゲは、日本産トカゲ類中最大のもので、体長30センチメートルに達する沖縄先島群島のみに産する特産種で、宮古島、石垣島、[[西表]いりおもて]島、与那国島の墓地や原野に多く生息する。
 体の背面は青味を帯びた褐色をしており、行動は敏捷で、日中活動して、昆虫類やミミズ、メクラヘビなどを捕食する。しかし、このような特種な分布をしているキシノウエトカゲの生態はなぞにつつまれた部分が多い。最近、捕獲して商取引きの対象とする行為も多くなってきたので、地域を定めず指定することになったものである。
引用元:キシノウエトカゲ 文化遺産オンライン http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/203356/1

オカダトカゲ(Plestiodon latiscutatus)は、爬虫綱有鱗目トカゲ科トカゲ属に分類されるトカゲ。
>日本(伊豆半島<富士山以南、富士川以東、酒匂川以西>、伊豆諸島)[1][2][3]固有種[a 1]
模式標本の産地(模式産地)は下田(静岡県)[2]。
>草原や常緑広葉樹林、海岸などに生息する[a 1]。ニホンイタチによる捕食圧が強い地域では、主に民家周辺の石垣に生息する[a 1]。
食性は動物性で、昆虫、クモ、甲殻類、ミミズなどを食べる[a 1]。
繁殖形態は卵生。三宅島では4-5月に交尾する。6-7月に石や倒木の下などに穴を掘り1回に3-15個の卵を産む[1][3][a 1]。卵は34-41日で孵化する[a 1]。生息数が多い島では産卵数が少なかったり、隔年繁殖を行うなどの地域変異がある。3年で性成熟し、寿命は約6年と考えられている[a 1]。
引用元:オカダトカゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2

ムカシトカゲはニュージーランドの限られた地域に生息する、原始的な形質を残した爬虫類。現地での呼称からトゥアタラ(tuatara)と呼ばれることもある。
>トカゲと名付けられてはいるが、狭義のトカゲ(有鱗目トカゲ亜目)とは全く異なる系統の爬虫類であることが、骨格とくに頭蓋などの比較により結論付けられている。ムカシトカゲはSphenodon (スフェノドン)属の総称であり、現生のムカシトカゲ目にはSphenodon 属1属しか存在しない。彼らはかつて数多くの種と幅広い生態的地位を占める一大グループだったムカシトカゲ目(または喙頭目)の唯一の生き残りであり、1895年以来絶滅危惧種とされている。
>ムカシトカゲはニュージーランド原産の多くの動物と同じく、生息地の減少や農業、イタチ類やネズミなどの移入種によって危険にさらされている。残された個体群は哺乳類がいない沖合の32の島々に限られており[13]、本土ではすでに絶滅していたが、2005年に、厳重に隔離され監視されているカロリ野生生物サンクチュアリ (Karori Wildlife Sanctuary) に再導入が試みられた。狭義のムカシトカゲ (S. punctatus) は現在60000個体が生存していると推測されている。一方でギュンタームカシトカゲが生き残っているのはノースブラザー島の約400個体のみであり、ブラザー諸島の他の2島へも再導入が進められている。
引用元:ムカシトカゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2