「アーキケブス・アキレス」 河北省で発見された最古の霊長類化石

036uPCKXxdfHo
中国河北省で、霊長類では最古と
なる約5500万年前の化石が発見
された生物に付けられた学名は
「◯◯◯◯◯◯・アキレス」?
ブーアキケス
→アーキケクス・アキレス
Archicebus achilles

この研究は、中国・北京の中国科学院古人類及古脊椎動物研究所(IVPP)の倪喜軍(NI Xijun)博士らの研究グループによるもので、中国・湖北省で10年前に発見されていた、約5500万年前の霊長類全身骨格化石資料の分析結果が報告されています。体長10cmほどの小型の霊長類の全身骨格からなっていて、非常に保存状態が良いため細かな特徴まで観察することができました。「アーキケブス・アキレス(Archicebus achilles)」と命名されたこのサルは、全体的な特徴からオモミス類と同定されましたが、かかとの骨の形などに真猿類的な特徴も見られるので、それにちなんで種小名は「アキレス」となったのだそうです。
引用元: 利用案内・情報 ≫ ホットニュース ≫ 2013-07-18 :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo.

(CNN) 中国湖北省でメガネザルの仲間とみられる最古の霊長類の化石が見つかった。メガネザルとは別の進化をたどった類人猿の特徴も併せ持っていることから、研究チームは画期的な発見と評価している。
この調査結果は米カーネギー自然史博物館などの研究者が科学誌ネイチャーに発表。かかとの骨が現代のサルに似ていることから、ギリシャの伝説の英雄の名にちなんで「アーキセブス・アキレス」と命名した。
引用元: CNN.co.jp : 最古の霊長類化石、5500万年前の地層で発見 中国 – (1/2).