吉田富三 ラット肝臓がんの発ガン実験 佐々木隆興

034ToVtPmDngd
1932年に佐々木隆興と共に世界で
初めて内蔵癌を作ることに成功
した病理学者で、「吉田肉腫」
にその名を残すのは吉田◯◯?
健信
降市
浩作
→富三
「吉田富三」

吉田 富三(よしだ とみぞう、1903年2月10日 – 1973年4月27日)は、日本の病理学者。ラット腹水癌「吉田肉腫」および「腹水肝癌」の発見で実験腫瘍学の新たな扉を開いた。福島県石川郡浅川村(現・浅川町)生まれ。吉田直哉は長男。財団法人癌研究会癌研究所長、日本学士院会員、日本学術会議会員・副会長(第6期)、国語審議会委員(第1-6期)などを務めた。
>1929年 – 佐々木研究所入所、佐々木隆興の指導の下、オルト・アミドアゾトルオオール経口投与によるラット発癌実験開始、肝臓癌生成に成功
引用元: 吉田富三 – Wikipedia.

佐々木 隆興(ささき たかおき、1878年5月5日 – 1966年10月31日)は、日本の医学者。専門は、生化学、内科学、実験腫瘍学。文化勲章受章者。
>1936年、吉田富三と共に「オルト・アミノアゾトルオールの経口投与による肝臓癌発生の実験的研究」により再度学士院恩賜賞受賞。1939年、私財を寄付し財団法人佐々木研究所(2012年4月、公益財団法人佐々木研究所認可・移行)を設立、理事長兼研究所長に就任。1940年、文化勲章受章。1951年、文化功労者。
引用元: 佐々木隆興 – Wikipedia.