「ランタナ」クマツヅラ科の常緑小低木 紅黄花 七変化

CIMG7242iaPeMRSFMNRt
クマツヅラ科
「コウオウカ」 (紅黄花)
「シチヘンゲ」 (七変化)
密生した小花の色が変化する
サンゴジュ
バーベナ
マンサク
ランタナ(答)

021jDlTRTE
次の熟字訓・当て字と
その読みの
正しい組み合わせを選びなさい
公孫樹───イチョウ
花鍬樹───ナナカマド
金縷梅───マンサク

ランタナ(Lantana、学名:Lantana camara)はクマツヅラ科の常緑小低木。中南米原産。観賞用に栽培される。和名はシチヘンゲ(七変化)。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することに由来する。
引用元:ランタナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A
AwRYuRf
引用元:ファイル:Twin lantana camara edit.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Twin_lantana_camara_edit.jpg

ナナカマド
ななかまど
[学]Sorbus commixta Hedl.

バラ科の落葉高木。高さ7~10メートル。枝に皮目がある。葉は互生し、羽状複葉。小葉は長さ3~7センチメートル、無柄で9~15枚あり、長楕円(ちょうだえん)形または披針(ひしん)形、先はとがり、縁(へり)に鋭い重鋸歯(じゅうきょし)がある。5~7月、枝先に約10センチメートルの複散房状の花序を出し、白色の5弁花を多数開く。雄しべは20本、雌しべは1本で花柱は3~4本、子房は下位。5枚の萼片(がくへん)は内曲する。果実は球形のなし状果で径約5ミリメートル。やや涼しい山地に生え、日本全土、および朝鮮半島、千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。
引用元:ナナカマドとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%89-857521