【山葵】


076XJcOtPp

次の文字列を順に選んで
元素の「サマリウム」に
名を残す人物の名前にしなさい
ワシーリー
サマルスキー
ビボヴェッツ
26%
Vasili Samarsky-Bykhovets

ワシーリー・サマルスキー=ビホヴェッツ(ロシア語: Василий Евграфович Самарский–Быховец、1803年11月7日 – 1870年5月31日)は、ロシア帝国の軍人、鉱山技師。1845年から1861年までの間、ロシア鉱山技術部隊のチーフを務めた。鉱物のサマルスカイト (サマルスカイト-(Y)、サマルスカイト-(Yb)、カシオサマルスキー石)[1]および元素のサマリウムは彼の名に由来しており、人物名が元素名の由来となった初めての人物でもある[2][3]。
引用元:ワシーリー・サマルスキー=ビホヴェッツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%93%E3%83%9B%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%84

サマリウム(英: samarium)は原子番号62の元素。元素記号は Sm。希土類元素の一つ(ランタノイドにも属す)。単体は灰白色の軟らかい金属であり、空気中では徐々に酸化されて表面に酸化被膜を形成する。標準状態における安定構造は三方晶系。希土類元素の中では珍しく+2価の酸化状態を取る。最も安定な酸化物はSm2O3であり、常温で常磁性を示す。ハロゲンやホウ素、酸素族元素、窒素族元素などと化合物を形成し、多くの金属元素と合金を形成する。天然に存在するサマリウムは4つの安定同位体および3つの放射性同位体からなり、128 Bq/gの放射能を有する。
1879年にポール・ボアボードランによってサマルスキー石から発見され、鉱物名にちなんでサマリウムと名付けられた。サマルスキー石の鉱物名は鉱物の発見者であるワシーリー・サマルスキー=ビホヴェッツに由来しており、サマリウムは人名が元素名の由来となった初めての元素である。
引用元:サマリウム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0