ヴィルヘルム・「ヴィーン」 「熱放射の諸法則」でノーベル賞を受賞した独物理学者

060hepRAYe
484NPbinfE
熱放射の諸法則に関する発見に
より1911年にノーベル物理学賞
を受賞したドイツの科学者は
ヴィルヘルム・◯◯◯◯?
ィダンラヨ
ヴーレギプ
ヴィーン(答)
「ヴィルヘルム・ヴィーン」

ヴィルヘルム・カール・ヴェルナー・オットー・フリッツ・フランツ・ヴィーン(独: Wilhelm Carl Werner Otto Fritz Franz Wien、1864年1月13日 – 1928年8月30日)は、ドイツの物理学者。英語風にウィルヘルム・ウィーンと表記されることもある。熱力学、特に黒体放射に関する研究で知られる。ヴィーンが発見したヴィーンの変位則やヴィーンの放射法則はマックス・プランクの量子論に直接結びつくもので、後にマックス・フォン・ラウエをして「ヴィーンの不滅の栄光は我々を量子力学の玄関口に導いた」と言わしめた。
1911年、「熱放射の諸法則に関する発見」によりノーベル物理学賞を受賞した。
引用元:ヴィルヘルム・ヴィーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3

ウィーンの変位則
うぃーんのへんいそく
Wien’s displacement law

絶対温度Tの黒体から放射される、エネルギー密度が最大になる波長(λmax)が、Tに反比例するという法則。1893年にウィーンが熱力学をもとに導いた。絶対温度をT(K)、放射エネルギー密度が最大になる波長をλmax(センチメートル)とすると
ZPKdQep
と表される。0.2898は比例定数である。
 このことから、放射されるエネルギー密度が最大になる波長を測定することにより、その物体の温度が判明する。直接に温度を測定することができない場合、たとえば、溶鉱炉などの高温の物体の温度を正確に測定する際に重要な方法である。温度が高くなるほど放射される波長は短くなり、太陽表面温度(約5780K)では500ナノメートルになる。[山本将史]
引用元:ウィーンの変位則(ウィーンノヘンイソク)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%89%E4%BD%8D%E5%89%87-438215

ウィーン(Wilhelm Carl Werner Otto Fritz Franz Wien)
うぃーん
Wilhelm Carl Werner Otto Fritz Franz Wien
(1864―1928)

ドイツの物理学者。東プロイセンの地主のひとり息子として育ち、ゲッティンゲン大学に入学、まもなくして帰郷したが、ふたたび勉学を志し、ベルリン大学に入学、ヘルムホルツの下で物理学を学んだ。
>また熱力学的考察から放射圧という卓抜なアイデアに注目し、変位則を証明(1893)、ついで熱放射のエネルギー分布式を、気体分子運動論上の手法である速度分布則を大胆に持ち込んで導出(1896)、現代物理学の重要な原理である量子仮説の発見の契機を与えた。
引用元:ウィーン(うぃーん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%28Wilhelm+Carl+Werner+Otto+Fritz+Franz+Wien%29-1507270#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29