「寿岳潤」SETI副委員長も務めた天文学者 「冨松彰」T-S(トミマツ・サトウ)解を発見した物理学者

272iRDDJAk
国際天文学連合・SETI分科会で
副委員長を務(め)るなど、地球外
知的生命体探査の第一人者として
有名な日本の天文学者は?
潤岳寿寺
尾松彰冨
寿岳潤(答)
じゅがくじゅん


1972年に,佐藤文隆とともにブラックホール研究に関する重要な理論「T-S解」を発見した宇宙物理学者は?
冨松彰(答)
とみまつあきら


次のうち、ブラックホールに関する研究で重要な「T-S解」の発見者として知られる宇宙物理学者を全て選びなさい
冨松彰(答)
佐藤文隆(答)

寿岳 潤(じゅがく じゅん、1927年9月19日 – 2011年9月14日)は日本の天文学者。東京大学名誉教授。
>京都府出身。国際天文学連合第51分科会(生物天文学)の副委員長を務め、日本における地球外知的生命体探査の第一人者として知られる。
父は英文学者・書誌学者の寿岳文章、母は翻訳家・評論家・小説家の寿岳しづ、姉は随筆家の寿岳章子。
引用元:寿岳潤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%B2%B3%E6%BD%A4

冨松 彰(とみまつ あきら、1947年12月6日 – )は、日本の宇宙物理学者。専門は、宇宙論、重力理論。
大阪府出身。広島大学理学部助教授[1]を経て名古屋大学理学部重力理論研究室の教授となった。
>T-S解について[編集]
冨松彰の最大の業績はT-S解の発見である。正しくは「トミマツ・サトウ解」といい、アインシュタイン方程式により、球対称でなくかつ回転するブラックホールを記述する理論である。その後、X線天文学によってブラックホールの存在が立証されたものの、T-S解が示す裸の特異点の存在は確認されておらず、さらなる研究が求められている。
引用元:冨松彰 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E6%9D%BE%E5%BD%B0