「ウィリアム・ハドソン」アルゼンチンの生物学者 『緑の館』 鳥類の研究

064eHrXGRb
特に鳥の研究で有名
作家としても活躍
小説『緑の館』の作者
アルゼンチン生まれの生物学者
ジョージ・G・シンプソン
ウィリアム・ハドソン(答)
テイヤール・ド・シャルダン
スティーブン・J・グールド
hlbmCrh
緑の館 ─熱帯林のロマンス
W.H.ハドソン 著 , 河野 一郎 翻訳
鳥のさえずりに似た神秘的で不思議な声が呼びかける。あれは、原住民が恐れている悪魔の使いか妖精か? 大自然での恋と冒険の物語を新訳で。
引用元:筑摩書房 緑の館 ─熱帯林のロマンス / W.H.ハドソン 著, 河野 一郎 著 https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480033369/

CIMG2303JqFEjIRGTukH
アメリカの科学史家
進化に関する「断続平衡説』
人間の測りまちがい
ワンダフル・ライフ
スティーブン・J・グールド(答)


オランダの動物学者
「4つのなぜ」
1973年のノーベル生理学・医学賞
弟のヤンは経済学者
ニコラス・ティンベルヘン(答)

連想
コロンビア大学の動物学教授
著書『ダーウィン入門』
アメリカの古生物学者
著書『進化の速度と様式』
ジョージ・G・シンプソン(答)

連想
イエズス会に所属
著書『現象としての人間』
フランスの古生物学者
「バイオスフィア」を命名
テイヤール・ド・シャルダン(答)

連想
進化論を擁護
ラトルスネーク号で航海
イギリスの生物学者
別名「ダーウィンの番犬」
トマス・ハクスリー(答)

連想
イギリスの生物学者
初代ユネスコ事務局長
鳥類の行動学の研究
無機的、有機的、人間的進化
ジュリアン・ハクスリー(答)

ウイリアム・ヘンリー・ハドスン(William Henry Hudson, 1841年8月4日 – 1922年8月18日)は、作家、ナチュラリスト、鳥類学者である。
ハドソンは米国人の両親の間にアルゼンチンで生まれ、そこで少年時代をすごした。 その後、イギリスに渡り、アルゼンチンやイギリスの鳥類などに関する優れた著作を残した。日本では『ラ・プラタの博物学者』『はるかな国 とおい昔』などの著作で知られる。小説『緑の館』は、オードリー・ヘップバーン主演で映画化された。
引用元:ウィリアム・ハドソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3

スティーヴン・ジェイ・グールド(Stephen Jay Gould、1941年9月10日 – 2002年5月20日)はアメリカ合衆国の古生物学者、進化生物学者、科学史家。1973年にハーバード大学の比較動物学教授となり、1982年からハーバード大学アリグザンダー・アガシ記念教授職を務めた。ダーウィン主義をベースにした進化論の論客であり、膨大な読書量からくる博学の科学エッセイストとして活躍していた。今日最も広く読まれ、最も影響力の大きな大衆科学作家の一人。
アメリカの科学雑誌『ナチュラル・ヒストリー』誌にエッセイを毎月かかさず書き、そのエッセイをまとめたものもベストセラーとなっている。『フルハウス 生命の全容ー四割打者の絶滅と進化の逆説』を著すなど、ベースボールの熱狂的なファンであり、著作にしばしば野球をテーマにしたエッセイを書いていた。
小惑星(8373)スティーヴン・グールドは彼にちなむ。
>リチャード・ドーキンスなどの正統ダーウィニズムに対する、修正ダーウィニズムを唱える学派の最大の論客であり、1972年にナイルズ・エルドリッジとともに提唱した「断続平衡説」(区切り平衡説)は、古生物学からの進化学への提議として有名である。
引用元:スティーヴン・ジェイ・グールド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

ニコラース・ティンバーゲン(Nikolaas Tinbergen, 1907年4月15日 – 1988年12月21日)は、著名なオランダ人の動物行動学者で、鳥類学者。「ニコ」は通称。オランダ語読みではニコラース・ティンベルヘン。オランダのデン・ハーグ生まれで、ノーベル経済学賞の初代の受賞者、ヤン・ティンバーゲンの弟としても知られる。他によく知られたルーク・ティンバーゲンという兄弟もいる。1955年にイギリスの市民権を取得している。1973年、コンラート・ローレンツ、カール・フォン・フリッシュと共にノーベル医学生理学賞を受賞した。
>それに関連して示した生物学の4領域(ティンバーゲンの4つのなぜとも呼ばれる)は行動生態学など後の行動生物学分野の重要なフレームワークとなっている。
引用元:ニコ・ティンバーゲン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

ティンバーゲンの4つのなぜとは、ニコ・ティンバーゲンにちなんで名付けられた、「なぜ生物がある機能を持つのか」という疑問を4つに分類したものである。
生物の目が見える理由の一つとして「目は食べ物を見つけ危険を回避する助けになるため」という答えが一般的だが、そのほかに生物学者は異なる三つのレベルの説明を行うことができる。すなわち「特定の進化の過程で目が形成されたため」「眼がものを見るのに適した機構を持っているため」「個体発生の過程で眼が形成されるため」である。
>これらの答えはかなり異なってはいるが一貫性があり、相補的であり、混同してはならない。1960年代にニコラス・ティンバーゲンが動物の行動についてアリストテレスの四原因説を元に4つの疑問(あるいは説明の4分野)を詳細に描写するまで、生物学者もこれらをしばしば混同した。この概念は行動に関わる分野、特に動物行動学、行動生態学、社会生物学、進化心理学、比較心理学の基本的な枠組みである。原因と機能の区別はティンバーゲンと同じ時期かそれ以前にジュリアン・ハクスリー、エルンスト・マイヤーからも提案されている。
引用元:ティンバーゲンの4つのなぜ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%81%AE4%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%9C

ジョージ・ゲイロード・シンプソン(George Gaylord Simpson, 1902年6月16日 – 1984年11月6日)はアメリカ合衆国の古生物学者。哺乳類の絶滅種と大陸間の拡散を専門とした。シンプソンは20世紀における現代の総合に貢献した中で最も影響力のある古生物学者であった。その貢献の中には1944年の『Tempo and Mode in Evolution(進化のテンポとモード)』と1945年の『Principles of Classification and a Classification of Mammals(分類学の原理と哺乳類の分類)』が含まれる。 1944年の『進化の速度と様式』では後の断続平衡説のような概念を予期しており、ウマの進化が現代のEquus caballusを頂点とする線形で定向的なプロセスだったという神話を払拭することにつとめた。
引用元:ジョージ・ゲイロード・シンプソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%B3

ピエール・テイヤール・ド・シャルダン(Pierre Teilhard de Chardin,1881年5月1日 – 1955年4月10日)は、フランス人のカトリック司祭(イエズス会士)で、古生物学者・地質学者、カトリック思想家である。
>しかし『現象としての人間』は、草稿版の複写が作成され、回覧されて、多数の人の読むところとなった。テイヤールは、古生物学上での人類の進化過程を研究し、人類の進化に関する壮大な仮説を提示した。
宇宙は、生命を生み出し、生物世界を誕生させることで、進化の第一の段階である「ビオスフェア(生物圏、Biosphère)」を確立した。ビオスフェアは、四十億年の歴史のなかで、より複雑で精緻な高等生物を進化させ、神経系の高度化は、結果として「知性」を持つ存在「人間」を生み出した。
人間は、意志と知性を持つことより、ビオスフェアを越えて、生物進化の新しいステージへと上昇した。それが「ヌースフェア(叡智圏、Noosphère)」であり、未だ人間は、叡智存在として未熟な段階にあるが、宇宙の進化の流れは、叡智世界の確立へと向かっており、人間は、叡智の究極点である「オメガ点(Ω点、Point Oméga )」へと進化の道を進みつつある。
「オメガ」は未来に達成され出現するキリスト(Christ Cosmique)であり、人間とすべての生物、宇宙全体は、オメガの実現において、完成され救済される。これがテイヤールのキリスト教的進化論であった。
引用元:ピエール・テイヤール・ド・シャルダン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3

テイヤール・ド・シャルダンについて

 イエズス会司祭であり、古生物学者であったテイヤール・ド・シャルダン(TEILHARD DE CHARDIN) は、1881年フランスで生まれました。旧石器時代人の石器を発見し、有史以前の人間化石の年代を示す有力な証拠を発見するなど特に中国における研究報告を次々に発表して古生物学者、地質学者 として国際的にも広く知られています。彼は自分の専門領域を越え、宇宙と生命進化を意義づけ、自然の中の人間を位置づけて考察しました。彼は人間が自分の未来だけでなく、生命の未来、地球 の未来に対しても責任を自覚するよう促しています。

 シャルダンは1955年にその生涯を閉じますが、彼の死後40年以上を経た今も全ての科学者にとって 一つの模範であり続けています。それは彼が現代の諸問題に対するできあがった一つの解決策を与えているという意味ではなく、その模範を通して、これらの問題の意味をよく見るための正しい態度を私たちに示しているからであると思われます。
引用元:テイヤール・ド・シャルダン奨学金|上智大学理工学部・大学院理工学研究科 http://www.st.sophia.ac.jp/chardin/

トマス・ヘンリー・ハクスリー(Thomas Henry Huxley、1825年5月4日 – 1895年6月29日)はイギリスの生物学者。ハックスリー、ハクスレーと表記されることもある。「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」の異名で知られ、チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した。
リチャード・オーウェンとの論争においては、人間とゴリラの脳の解剖学的構造の類似を示して進化論を擁護した。
興味深いことにハクスリーはダーウィンのアイディアの多くに反対であった(たとえば漸進的な進化)。そして、自然選択よりも、唯物論的科学を弁護することに興味を示した。
科学啓蒙家としての才能があった。「不可知論」の語を作って自らの信仰を表現した。
彼は「生物発生説(続生説ともいう。生物の細胞は他の生物の細胞からのみ発生する説)」と「自然発生説(無生物から生物が発生するという説)」の概念を作ったと信じられている。
引用元:トマス・ヘンリー・ハクスリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC

サー・ジュリアン・ソレル・ハクスリー(Sir Julian Sorell Huxley、1887年6月22日 – 1975年2月14日)は、イギリスの進化生物学者、ヒューマニスト、国際間協力の推進者。自然選択説を強力に擁護し20世紀中盤の 総合進化説の形成を主導した。1935年から1942年までロンドン動物学会の事務局長、1946年から1948年までユネスコの初代事務局長を勤めた。世界自然保護基金の創設メンバーでもある。
>青年時代[編集]
ハクスリーは奨学金を得て1年間ナポリの海洋生物研究所で過ごし、ウニやホヤの研究によって発生学を学んだ。1910年にオックスフォード大学動物学・比較解剖学の助手に任命され、ミズドリ(アカアシシギやカイツブリなど)の求愛行動の系統的な観察研究に着手した。子どもの頃のバードウォッチングはハクスリーの鳥類への関心を刺激し、鳥類の調査と保全の手法を考案する助けとなった。1914年のカンムリカイツブリに関する論文(のちに本として出版された)は鳥類の行動学におけるランドマークとなった。儀式的行動に対して「ペンギンダンス」や「プレシオサウルスレース」といった印象的な呼称を付けたが、これらは一般の読者の興味をひき、忘れがたいアイディアとして印象づけるのに成功した[3] 。
引用元:ジュリアン・ハクスリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC