【MIT】ホワイトヘッド研究所


148FEMDOhy
1982年に設立
ロバート・ワインバーグらが所属
マサチューセッツ工科大学
遺伝研究で有名
マックス・プランク研究所
カロリンスカ研究所
ホワイトヘッド研究所(答)
ロスアラモス研究所

060gmpSBwR
1810年に設立
医学系の研究機関
スウェーデンのストックホルム
ノーベル生理学医学賞選考
カロリンスカ研究所(答)
ローレンスリバモア研究所
ホワイトヘッド研究所
ロスアラモス研究所


スモールトーク設計
イーサネット開発
レーザープリンタ発明
ゼロックス社により設立
パロアルト研究所(答)

連想
1948年に設立
旧カイザー・ヴィルヘルム協会
様々な分野の学術研究機関
ドイツの物理学者に由来
マックス・プランク研究所(答)

連想
1963年に設立
アメリカのカリフォルニア州
生物医学系の研究機関
建築家・ルイス・カーンが設計
ソーク研究所(答)

連想
1952年に設立
アメリカのカリフォルニア州
エネルギー省が管轄
原子番号116の元素
ローレンス・リバモア研究所(答)

ホワイトヘッド研究所(Whitehead Institute for Biomedical Research)はマサチューセッツ工科大学の外郭の研究所。ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学とともに共同研究を行っている(ブロード研究所)。経営上は大学と別になっているが生物学科の教授が研究員を兼ねる。世界の遺伝子研究の先端にあることで有名。
引用元:ホワイトヘッド研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

Founded in 1982, the Whitehead Institute for Biomedical Research is a non-profit research and teaching institution located in Cambridge, Massachusetts, USA. The Whitehead Institute was founded as a fiscally independent entity from Massachusetts Institute of Technology (MIT), and its 17 members hold faculty appointments in the MIT Department of Biology. The Institute is named for businessman and philanthropist Edwin C. “Jack” Whitehead (c.1920 – 1992),[1][2] who selected David Baltimore (1975 Nobel Laureate in Physiology or Medicine) as the Whitehead Institute’s Founding Director. Baltimore chose Gerald Fink, Rudolf Jaenisch, Harvey Lodish, and Robert Weinberg as the Whitehead Institute’s Founding Members.
引用元:Whitehead Institute – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Whitehead_Institute

パロアルト研究所(パロアルトけんきゅうじょ、Palo Alto Research Center、PARC)は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州パロアルトにある研究開発企業である。
>複写機大手の米ゼロックス (XEROX) 社が1970年にアーキテクチャー・オブ・インフォーメーションの創出を目標として開設した。コンピューターサイエンス方面に与えた影響が大きく、マウス、Smalltalk、イーサネット、レーザープリンターなどの発明が行われ、他にグラフィカルユーザインタフェース (GUI)、ユビキタスコンピューティングなどの研究開発も行っている。デバイス領域ではVLSI、半導体レーザー、電子ペーパーなどの研究を行う。開放的な気風だといわれた。
2002年、ゼロックスの完全子会社となり、医療技術、「クリーン・テクノロジー」、ユーザインタフェース設計、sensemaking、ユビキタスコンピューティング、エレクトロニクス全般、組み込みシステムや知的システムなどについて研究を行っている。
引用元:パロアルト研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

カロリンスカ研究所(カロリンスカけんきゅうじょ、Karolinska Institutet)はスウェーデンのストックホルムにある医科大学。カロリンスカ医科大学とも呼ばれる。
>医学系の単科教育研究機関としては世界で最大。ノーベル賞の生理学医学部門の選考委員会がある。2011年上海交通大学による世界大学ランキングでは医学系大学のトップ10にランクイン[3]したヨーロッパを代表する研究機関である。カロリンスカ大学病院とは大学の教育医療機関として提携している。
引用元:カロリンスカ研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

マックス・プランク研究所(マックス・プランクけんきゅうしょ)は、マックス・プランク学術振興協会(独: Max-Planck-Gesellschaft zur Förderung der Wissenschaften e. V.(マックス‐プランク‐ゲゼルシャフト・ツア・フェルデルング・デア・ヴィッセンシャフテン・エーファオ)、略称:MPG(エムペーゲー))が運営する、ドイツを代表する学術研究機関の日本語における総称である。MPGが運営する各研究機関は、ドイツ語では「Max-Planck-Institut für ○○」(○○は研究分野)のように名づけられており、日本語では「マックス・プランク○○研究所」と訳している。MPGが運営する研究機関は、2006年5月現在で78に上る。
>マックス・プランク研究所の研究対象は、下記の3分野に大別される。
生物・医学分野
化学・物理学・工学分野
精神科学・社会学・人間科学分野
年間予算は13億ユーロ。連邦政府及び州政府の公的資金で賄われている。マックス・プランク協会は戦前のカイザー・ヴィルヘルム協会の後継機関であり、高名な物理学者であるマックス・プランクに因んで名付けられた。
引用元:マックス・プランク研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

ソーク研究所(ソークけんきゅうじょ、Salk Institute for Biological Studies)は、1963年にジョナス・ソークによって創設された生物医学系の研究所。カリフォルニア州サンディエゴ郊外のラホヤに位置する、私立の非営利法人である。
カリフォルニア大学サンディエゴ校のキャンパスの隣に位置している。研究者の数が1000人にも満たない小規模の研究所であるが、常に研究論文の引用度は世界でも1、2を争う。教授陣は各研究分野の先端を走っているといわれる。
>この研究所の創立は、サンディエゴ地区の生物工学産業が大いに発展することになった、一つの発端とされる。また研究棟は建築家ルイス・I・カーンによって設計され、青い海と空に映える美しい対象形の建物は、当時の建築界に新風を巻き起こした。このため世界中から、科学者のみならず、多くの建築ファンも訪れる。
引用元:ソーク研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

ロスアラモス国立研究所(ロスアラモスこくりつけんきゅうじょ、Los Alamos National Laboratory、LANL)は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロスアラモスに、第二次世界大戦中の1943年に、マンハッタン計画の中で原子爆弾の開発を目的として創設されたアメリカの国立研究機関である。現所長は、チャールズ・マクミラン(Charles McMillan)。
>1943年に設立、当時は「プロジェクトY」というコードネームで呼ばれていた。初代所長はロバート・オッペンハイマー。21名ものノーベル賞受賞者を擁するマンハッタンプロジェクトで開発・製造された原爆が、広島に投下された「リトルボーイ」、および長崎に投下された「ファットマン」である(詳細:広島市への原子爆弾投下、長崎市への原子爆弾投下)。マンハッタン計画にあたり、機密保持のため徹底的な管理を求めた軍上層部に対し、自由な気風で研究を進めようとした科学者たちは反発し、科学者の主張は概ね認められた。ロスアラモスは原爆開発の中心地であると同時に、レオ・シラードら68名の科学者が日本への原爆投下に反対して大統領へ請願書を送り、世界で最初の反原爆運動の舞台ともなった。
引用元:ロスアラモス国立研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%B9%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

ローレンス・リバモア国立研究所(Lawrence Livermore National Laboratory、LLNL)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバモアにある、アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)が所有する国立研究所である。
>2012年、116番元素は、当研究所の名にちなんだ「リバモリウム」と名付けられた。
引用元:ローレンス・リバモア国立研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%A2%E3%82%A2%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80