モノクローナル抗体の研究「ケーラー」「イェルネ」「ミルスタイン」 小児麻痺の研究「ロビンス」「ウェーラー」「エンダース」

092GYOkrvG
ノーベル生理学・医学賞受賞者
ジョルジュ・J・F・ケーラー
ニールス・イェルネ
セーサル・ミルスタイン
マラリアの研究
テロメアの研究
モノクローナル抗体の研究(答)
小児麻痺の研究

jLhYNLa
引用元:モノクローナル抗体とは?|バイオのはなし|中外製薬 http://chugai-pharm.info/bio/antibody/antibodyp11.html

CIMG2110xDJVQFIXayfk
ノーベル生理学・医学賞受賞者
F・チャップマン・ロビンス
J・フランクリン・エンダース
トーマス・ハックル・ウェーラー
動物行動学の研究
モノクローナル抗体の研究
DNAの二重螺旋構造の研究
小児麻痺の研究(答)


ノーベル生理学・医学賞受賞者
カール・フォン・フリッシュ
ニコラス・ティンベルヘン
コンラート・ローレンツ
動物行動学の研究(答)

CIMG0390
1973年にノーベル生理学・医学賞
を受賞した、ミツバチの「8の字
ダンス」の発見で有名な動物学者
はカール・フォン・○○○○○?
フリッシュ(答)
「カール・フォン・フリッシュ」
引用元:単眼「明るさを感じとる」複眼「物の色や形を見分ける」個眼「複眼を構成する眼」 ミツバチ「8の字ダンスの発見」フリッシュ | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/7947/

連想
ノーベル生理学・医学賞受賞者
ジャック・ショスタク
キャロル・グライダー 
エリザベス・ブラックバーン
テロメアの研究(答)

モノクローナル抗体(モノクローナルこうたい)とは、単一の抗体産生細胞に由来するクローンから得られた抗体(免疫グロブリン)分子。通常の抗体(ポリクローナル抗体)は抗原で免疫した動物の血清から調製するために、いろいろな抗体分子種の混合物となるが、モノクローナル抗体では免疫グロブリン分子種自体が均一である。抗原は複数のエピトープ(抗原決定基)を持つことが多く、ポリクローナル抗体は各々のエピトープに対する抗体の混合物となるため、厳密には特異性が互いに異なる抗体分子が含まれている。これに対してモノクローナル抗体では、一つのエピトープに対する単一の分子種となるため、抗原特異性が全く同一の抗体となる。
通常、抗体産生細胞を骨髄腫細胞と細胞融合させることで自律増殖能を持ったハイブリドーマ (hybridoma) を作成し、目的の特異性をもった抗体を産生しているクローンのみを選別(スクリーニング)する。この細胞を培養し、分泌する抗体を精製して用いることになる。モノクローナル抗体を作製する方法を1975年に発明したジョルジュ・J・F・ケーラーとセーサル・ミルスタインは1984年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
引用元:モノクローナル抗体 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB%E6%8A%97%E4%BD%93

ジョルジュ・ジャン・フランツ・ケーラー[1](Georges Jean Franz Köhler、1946年4月17日 – 1995年3月1日)はドイツの生物学者。
ミュンヘンで、ドイツ人の父とフランス人の母の間に生まれた[2]。免疫制御機構に関する理論の確立とモノクローナル抗体の作成法の開発により、ニールス・イェルネ及びセーサル・ミルスタインと共に1984年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
引用元:ジョルジュ・J・F・ケーラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BBJ%E3%83%BBF%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

ニールス・カイ・イェルネ(Niels Kaj Jerne、1911年12月23日 – 1994年10月7日)はロンドン生まれのデンマークの免疫学者。1984年に免疫制御機構に関する理論の確立とモノクローナル抗体の作成法の開発により、ジョルジュ・J・F・ケーラー、セーサル・ミルスタインと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
引用元:ニールス・イェルネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8D

セーサル・ミルスタイン(César Milstein、1927年10月8日 – 2002年3月24日)は、アルゼンチン生まれの生化学者で、人生の大半をイギリスで過ごし、帰化した。抗体を専門に研究し、ニールス・イェルネ、ジョルジュ・J・F・ケーラーとともに1984年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
>ミルスタインの研究の大部分は、抗体の構造と抗体の多様性が生まれる機構の解明に費やされた。1975年に彼と当時ポスドクだったG・J・F・ケーラーはモノクローナル抗体の作成に必要なハイブリドーマの技術を確立し、この研究が1984年のノーベル賞受賞につながった。この技術のおかげで、科学や医療の目的で抗体が大量に作れるようになった。
ミルスタイン自身、モノクローナル抗体の技術の開発に大きな貢献を果たした。彼はモノクローナル抗体の商用利用の研究も行い、組み換えDNA技術を用いたモノクローナル抗体のリガンド結合試薬としての利用や抗体工学分野の発展も予見していた。
引用元:セーサル・ミルスタイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3

急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん、poliomyelitis)は、ポリオ (Polio) とも呼ばれ、ピコルナウイルス科、エンテロウイルス属のポリオウイルスによって発症するウイルス感染症のこと。ポリオは、Poliomyelitis(ポリオマイアライティス)の省略形。ポリオウイルスが原因で、脊髄の灰白質(特に脊髄の前角)が炎症をおこす。はじめの数日間は胃腸炎のような症状があらわれるが、その後1パーセント以下の確率で、ウイルスに関連した左右非対称性の弛緩性麻痺(下肢に多い)を呈する病気である[1]。
>日本のポリオ根絶への貢献[編集]
日本は、1997年に日本を含むWHO西太平洋地域において達成したポリオ根絶[37]の経験を生かし、世界におけるポリオ根絶イニシアティブにおいても先駆者として貢献してきたが2011年8月、日本政府はビル&メリンダ・ゲイツ財団との官民パートナーシップのもと、革新的な手法を用いて約50億円のポリオ根絶支援を実施することを発表した。これは、パキスタン政府によってポリオ根絶事業が一定の成果を出すことができれば、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がパキスタン政府に代わって日本政府に債務を返済するという「ローン・コンバージョン」と呼ばれる手法で、これによってパキスタン政府のポリオ根絶に向けたより一層の努力を引き出しつつ、最終的にパキスタン政府に債務負担を課すことなく、ポリオ根絶対策を支援することが可能となる[38]。
引用元:急性灰白髄炎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A5%E6%80%A7%E7%81%B0%E7%99%BD%E9%AB%84%E7%82%8E

ジョン・フランクリン・エンダース(John Franklin Enders、1897年2月10日 – 1985年9月8日)はアメリカ人の医学者ノーベル生理学・医学賞受賞者。
>ボストンの小児病院で働いていた時に、ポリオウイルスが様々な組織中で生育することを発見。それまで神経細胞でしか培養出来なかったポリオウイルスの大量培養を可能にし、ポリオワクチン開発に大きく貢献したとして、トーマス・ハックル・ウェーラー、フレデリック・チャップマン・ロビンスとともに1954年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
引用元:ジョン・フランクリン・エンダース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9

フレデリック・チャップマン・ロビンス(Frederick Chapman Robbins、1916年8月25日 – 2003年8月4日)はアメリカ人の小児科医でウイルス学者。オハイオ州クリーブランド生まれ。
1952年にケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部の小児科学教授に就任。1954年度のノーベル生理学・医学賞を、ジョン・フランクリン・エンダース、トーマス・ハックル・ウェーラーとともに受賞した。フレデリックはポリオウイルスの単離と培養を行い、ジョナス・ソーク、フローレンス・サビンらによるワクチンの開発に道を開いた。
引用元:フレデリック・チャップマン・ロビンス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B9

トーマス・ハックル・ウェーラー(Thomas Huckle Weller、1915年6月15日 – 2008年8月23日)はアメリカ合衆国のウイルス学者で、ポリオウイルスの試験管内での培養法を考案し、ジョン・フランクリン・エンダース、フレデリック・チャップマン・ロビンスとともに1954年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
引用元:トーマス・ハックル・ウェーラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC