「トビウサギ」 危機時に大声 アフリカ大陸に生息 耳が長い

058VoXafYt
げっ歯目の哺乳類
危険を感じると大声を出す
アフリカ大陸に生息
耳が長いことが名の由来
ヤマネ
トビウサギ(答)
ビーバー
カピバラ

トビウサギ(跳兎、Pedetes capensis)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネズミ目(齧歯目)トビウサギ科トビウサギ属に分類される齧歯類。本種のみでトビウサギ科トビウサギ属を形成する。
>生態[編集]
サバンナや半砂漠地帯に生息する。群れは形成せず、単独もしくはペアで生活する。夜行性で、昼間は地面に掘った深さ80-120cmの巣穴の中で休む。移動する際には後肢だけで2-3m跳躍する。主に巣穴を中心に300-400mの範囲で活動するが、食物がない場合は10-14kmまで移動することもある。頭部を地面につけて振動で危険を察知し、危険を感じると大きな鳴き声をあげる。天敵としてはヤマネコ、ジャッカル、ラーテル、オオトカゲ、ニシキヘビ等が挙げられる。
引用元:トビウサギ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE