「正長石」硬度6 カリウム含有「方解石」CaCO3 モース硬度3 氷州石「蛍石」CaF2 モース硬度4

325ZEPcoaO
硬度は6
カリウムを含む
花崗岩に多く含まれる
陶磁器やガラスの原料
月長石
正長石(答)
蛍石
孔雀石

088CJAojmM
炭酸カルシウムが主成分
氷州石
カルサイト
モース硬度3の基準
正長石
方解石(答)
蛍石
燐灰石

070MzGPXok
高度は4
フッ化カルシウム
ガラス工業などに使用
紫外線を当てると発光する
孔雀石
蛍石(答)
猫目石
正長石

164oXrAanSRYP
166wttCABhSDF
鉱物が、特定の方向に割れたり
はがれたりすることを
「劈開」といいますが

不規則に割れたり
はがれたりすることを
「◯◯」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
だんこう
「断口」
引用元:ベスビアナイト「アイドクレース」 ムーンストーン「アノーソクレース」 「スカルン鉱床」 クレースklasis「劈開・割れ目」由来?「劈開と断口」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/4715/

モース硬度(モースこうど)、モース硬さ(モースかたさ、英語: Mohs hardness[1])またはモース硬さスケール(モースかたさスケール、英: Mohs’ scale of hardness[2])は、主に鉱物に対する硬さの尺度の1つ。硬さの尺度として、1から10までの整数値を考え、それぞれに対応する標準物質を設定する。
ここで言う硬さの基準は「あるものでひっかいたときの傷のつきにくさ」であり、「たたいて壊れるかどうか」の堅牢さではない(そちらはじん性を参照)。モース硬度が最高のダイヤモンドであっても衝撃には弱く、ハンマーでたたくなどによって容易に砕ける。また、これらの硬度は相対的なものであるため、モース硬度4.5と示されている2つの鉱物があったとしても、それらは同じ硬度とは限らない。これは、蛍石で引っかくと傷がつかず、燐灰石で引っかくと傷つくということを示すのみである。
>「滑石方(かっせきほう)にして蛍燐(けいりん)長く、石黄鋼(いしおうこう)にして金色なり」という語呂合わせの覚え方がある。
引用元:モース硬度 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%A1%AC%E5%BA%A6

方解石(ほうかいせき、calcite、カルサイト)は、鉱物(炭酸塩鉱物)の一種。組成は炭酸カルシウム(CaCO3)。
石灰岩の主成分鉱物で、鉱石として扱われる場合は石灰石、石材として扱われる場合は大理石と呼ばれる。変成岩である結晶質石灰岩では、方解石の細かな結晶が、再結晶して大きくなる。純粋なものは透明か白だが、不純物を含み色のついているものもあり、美しいものは大理石として珍重される。特に無色透明でな自形結晶のものは氷州石(アイスランドスパー)と呼ばれる(由来は透明度の高い方解石をアイスランドが多く産出することから)。
比重2.7。モース硬度3。三方晶系。
引用元:方解石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E8%A7%A3%E7%9F%B3

りんかい‐せき〔リンクワイ‐〕【×燐灰石】

弗素(ふっそ)・塩素を含むカルシウムの燐酸塩鉱物。ふつう無色透明であるが、ときに白色・淡青色・淡緑色・黄色などを呈し、ガラス光沢がある。柱状・板状の結晶または粒状。六方晶系。燐の原料鉱石。肥料・医薬などに利用。アパタイト。
引用元:燐灰石(リンカイセキ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%87%90%E7%81%B0%E7%9F%B3-659914

蛍石(ほたるいし、ケイセキ、螢石、fluorite、フローライト、フルオライト)は、鉱物(ハロゲン化鉱物)の一種。主成分はフッ化カルシウム(CaF2)。等軸晶系。
色は無色、または内部の不純物により黄、緑、青、紫、灰色、褐色などを帯びる。加熱すると発光し、また割れてはじける場合がある。また、不純物として希土類元素を含むものは、紫外線を照射すると紫色の蛍光を発する。蛍光する蛍石はイギリスや中国で産出されたものの中から稀に見つかることがある。
へき開が良い鉱物であり、正八面体に割れる。モース硬度は4であり、モース硬度の指標となっている。比重は3.18。濃硫酸に入れて加熱するとフッ化水素が発生する。
引用元:蛍石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%8D%E7%9F%B3

孔雀石(くじゃくいし、malachite、マラカイト)は、緑色の単斜晶系の鉱物で、もっとも一般的な銅の二次鉱物である。
>孔雀石の名は微結晶の集合体の縞模様が孔雀の羽の模様に似ていることに由来する。英語起源のマラカイトなど欧語表記はギリシア語(アオイ科の植物の名称)に由来する。
孔雀石は紀元前2000年ごろのエジプトですでに宝石として利用されていた。当時のエジプト人はラピスラズリ(青)や紅玉髄(赤)などと組合せ、特定のシンボルを表す装身具に用いられた。現在でも、美しい塊は研磨して貴石として扱われ、アクセサリーなどの宝飾にも用いられるが、モース硬度3.5-4と柔らかい鉱物であることから、硬度7以上を定義とする宝石には合致しない。
引用元:孔雀石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%94%E9%9B%80%E7%9F%B3

猫目石(ねこめいし、猫眼石)は、宝石の一種。金緑石(クリソベリル Chrysoberyl)の変種で、猫睛石(びょうせいせき)ともいう。
英語から「キャッツアイ(Cat’s Eye)」ともいうが、厳密には「キャッツアイ」というのは、宝石に光の効果で猫の目のような模様がでる「キャッツアイ効果」のことであって、「猫目石」を「キャッツアイ」と称するのは正しくない。本来の宝石種である「クリソベリル」という名前をつけて、「クリソベリル・キャッツアイ」と呼ぶほうが正確である。
引用元:猫目石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AB%E7%9B%AE%E7%9F%B3

正長石(せいちょうせき、orthoclase)は、鉱物(ケイ酸塩鉱物)の一種。長石グループの鉱物で、単斜晶系のカリ長石。
>化学組成は KAlSi3O8。同じ組成で三斜晶系のものは微斜長石だが、肉眼で両者の区別はできない。高温で形成された場合には、Na をやや多く含むサニディン(玻璃長石)になる。
モース硬度 6 の標準鉱物。
火成岩や変成岩に普通に含まれる造岩鉱物。
引用元:正長石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E9%95%B7%E7%9F%B3