C5H5N5(アデニン)の不飽和度「6」 (2C+2-H+N)/2

253YIWVopw
C5H5N5の不飽和度は?
数字で答えなさい
6(答)
(2C+2-H+N)/2


化学において、化合物に含まれる
原子の数を、最も簡単な整数比で
表したものを「◯◯式」という?
○の漢字をひらがなで答えなさい
そせい(答)
「組成式」

アデニン (adenine) は核酸を構成する5種類の主な塩基のうちのひとつで、生体内に広く分布する有機化合物である。
プリン骨格は糖ともアミノ酸とも異なる独特の形状をしているにもかかわらず、アデニン、グアニンの他、コーヒーや茶に含まれるカフェイン、ココアに含まれるテオブロミン、緑茶に含まれるテオフィリンなどを構成し、また最近ではプリン体をカットしたビールなども販売されるほどありふれた有機物である。アデニンはシアン化水素とアンモニアを混合して加熱するだけで合成されるため、原始の地球でもありふれた有機物であったと考えられる。
>化学式 C5H5N5
XlKLbss
引用元:アデニン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%8B%E3%83%B3

不飽和度の公式は、
ZBiDTPJ
で、Cは炭素原子の数、Hは水素原子の数、Xはハロゲン原子の数、Nは窒素原子の数である。酸素や硫黄のような第16族元素の数はカウントしない(ただし、ヒドロキシ基のような酸素原子に結合した水素はカウントする)。ハロゲン原子(F、Cl、Br、I)は、水素とみなして計算する。
引用元:不飽和度 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E9%A3%BD%E5%92%8C%E5%BA%A6

化学式は大きく分けて物質の元素組成を示す組成式と、分子構造を表示する構造式とに分類される。前者はもっぱら化学量論に基づく化学方程式の中などで使われて量的関係を示すことが多く、後者は分子構造を図示したり、反応機構を説明する化学反応式などで反応に特有な構造やそれに関連した性質を示す場合に利用することが多い。
組成式と構造式とは必ずしも合致しない。たとえばリン酸の無水物である五酸化二リン(右図)は、組成式的には P2O5 であるが、構造式からは分子の最小単位がP4O10であることがわかる。
特に有機化合物は異性体が多いために、構造式や示性式(後述)で物質を識別する機会が多く、無機化合物では組成式で十分物質の識別が可能であることが多い。
KmEFBHI
引用元:化学式 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%BC%8F