メチル基(-CH3)「アラニン」「トリニトロトルエン」ヒドロキシル基(-OH)「ピクリン酸」「グリセリン」アミノ基(-NH2)「アラニン」「アニリン」

024siRVwQe
アラニン
トリニトロトルエン
キシレン
トルエン
メチル基(答)
ニトロ基
ヒドロキシル基
アミノ基
30%

107GORnojZ
ピクリン酸
グリセリン
サリチル酸
フェノール
ニトロ基
メチル基
ヒドロキシル基(答)
カルボキシル基

LkSxYNS
アラニン
ピクリン酸 
アニリン
メチルアミン
アミノ基(答)
答えはアミノ基ですが、ピクリン酸にアミノ基はないと思われます。

メチル基(メチルき、methyl group)とは、有機化学において、-CH3 と表される最も分子量の小さいアルキル置換基である。特にヒドロキシ基やメルカプト基(チオール基)に対する保護基にも利用される。この名称は、IUPAC命名法の置換命名法のルールによりメタン (methane) の呼称から誘導されたものである。そして構造式で表記する場合はMeと略される。
引用元:メチル基 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E5%9F%BA

exKEnzT
トルエン (toluene) は、分子式 C7H8、分子量 92.14 の芳香族炭化水素に属する有機化合物である。示性式 C6H5CH3 で表され、ベンゼンの水素原子の一つをメチル基で置換した構造を持つ。無色透明の液体で、水には極めて難溶。アルコール類、油類などをよく溶かし、溶媒として広く用いられる。
常温で揮発性があり、引火性を有する。消防法による危険物(第4類第1石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。人体に対しては高濃度の存在下では麻酔作用がある他、毒性が強く、日本では毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。管理濃度は、20ppmである。
引用元:トルエン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3

ヒドロキシ基(ヒドロキシき、hydroxy group)は、有機化学において構造式が −OH と表される1価の官能基。ヒドロキシル基 (hydroxyl group) とも呼ばれる。
無機化合物における陰イオン OH− は「水酸化物イオン」を参照のこと。
引用元:ヒドロキシ基 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E5%9F%BA

 C3H7NO2 (mw89.09).
EzIRsGe
可欠アミノ酸の一つ.ピルビン酸がアミノ化された形であることから,エネルギー代謝とアミノ酸代謝を連結する鍵となるアミノ酸.例えば,骨格筋から肝臓へ窒素を運搬する場合,グルコースが酸化されてピルビン酸となり,それがアミノ化されてアラニンとなって骨格筋から放出される.肝臓では,アミノ基が転移してピルビン酸となり,グルコースが糖新生経路で再生されて骨格筋へ運ばれるというグルコース-アラニンサイクルの概念も提出されている.
引用元:アラニン(アラニン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%B3-27788

WlhBilX
TNTの別名で知られる高性能爆薬で,第2次大戦中に大量に使われ,日本ではトロチルtrotyl,茶褐薬などとも呼ばれた。以前はピクリン酸(下瀬火薬)が主要炸薬として用いられたが,いくつかの欠点をもつためTNTにとって代わられた。トリニトロトルエンには2,3,4‐,2,4,5‐,2,4,6‐などの異性体があるが,爆薬に使われるのは2,4,6‐トリニトロトルエンで,他の異性体を分離精製して用いられる。淡黄色の結晶で,結晶比重1.654,融点80.89℃である。
引用元:トリニトロトルエン(トリニトロトルエン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3-106474

キシレン (xylene) は分子式 C8H10、示性式 C6H4(CH3)2、 分子量 106.17 の芳香族化合物で、ベンゼンの水素のうち2つをメチル基で置換したものである。キシロールとも呼ばれる。
LxvXKQj
引用元:キシレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AC%E3%83%B3

ピクリン酸(ピクリンさん、英語: Picric acid)とは、分子式 C6H3N3O7、示性式 C6H2(OH)(NO2)3 で表される、芳香族のフェノール誘導体のニトロ化合物である。いくつかの異性体を持つトリニトロフェノールのうち 2,4,6-トリニトロフェノールのことを指す。水溶液は強力な酸性を示す。不安定で爆発性の可燃物であることから、かつては火薬としても用いられた。
vcJXPSh

グリセリン (glycerine, glycerin) は、分子式 C3H8O3、示性式 C3H5(OH)3、分子量 92.09 で、3価のアルコールである。学術分野では20世紀以降グリセロール (glycerol) と呼ぶようになったが、医薬品としての名称を含め日常的にはいまだにグリセリンと呼ぶことが多い。
>無色透明の糖蜜状液体で、甘味を持つ。
融点は約18°Cだが、非常に過冷却になりやすいため結晶化は難しい。冷却を続けると-100°C前後でガラス状態となり[3]、さらに液体空気温度まで冷却後1日以上の時間をかけてゆっくり温度を上げると結晶化する[4]。
ToARXkb
引用元:グリセリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3

サリチル酸(サリチルさん、英: salicylic acid)は、ベンゼン環上のオルト位にカルボキシル基とヒドロキシル基を併せ持つ物質で、示性式は C6H4(OH)COOH、CAS登録番号は 69-72-7。無色の針状結晶である。隣接するヒドロキシル基の影響でカルボン酸としては比較的強い酸 (pKa = 2.97) である。そのまま飲むと胃穿孔を起こし腹膜炎の原因となる。酸性を弱め胃を通過できるようにしたものがアセチルサリチル酸(アスピリン)である。
RFGQtRo
引用元:サリチル酸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%AB%E9%85%B8

フェノール (phenol、benzenol) は、水彩絵具のような特有の薬品臭を持つ有機化合物である。芳香族化合物のひとつで、常温では白色の結晶。示性式は C6H5OHで、ベンゼンの水素原子の一つがヒドロキシル基に置換した構造を持つ。和名は石炭酸(せきたんさん)。
広義には、芳香環の水素原子をヒドロキシ基で置換した化合物全般を指す。これらについてはフェノール類を参照のこと。
KlcvCrS
引用元:フェノール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB