「凝集」 コロイド粒子が集合し沈殿する現象

129wzZSAqw
液体や気体中のコロイド粒子が
集合して大きな粒子となり沈殿
する現象を「◯◯」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ぎょうしゅう(答)
「凝集」

凝集
ぎょうしゅう
flocculation

化学では液体または気体中に分散しているコロイド微粒子などが、コロイド状態を保てないくらいの大きさに集合し沈殿することをいう。凝結ともいう。少量の解膠(かいこう)剤の添加、加熱、超音波そして電場などで人工的に凝集させることもできる。分子またはイオン状態の溶体から溶解度を急に減少させてコロイドを得る方法があり、これを分散法あるいは凝集法ともいう。
 なお、一般には、細かく分散しているものが集合して、ある大きさになることを凝集といっている。たとえば、赤血球などが抗体の作用によりかたまりをつくる場合で、agglutinationの語が用いられている。[吉田俊久]
引用元:凝集(ぎょうしゅう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%87%9D%E9%9B%86-52696