「シナウスイロイルカ」 東シナ海に生息する「ピンクイルカ」

112tAesgrY
その体の色から「ピンクイルカ」
とも呼ばれる、東シナ海などに
生息するイルカは?
イシナロカイウルス
シナウスイロイルカ(答)

東シナ海から「シナ」を先頭に作れると大分楽になりますね。

シナウスイロイルカ(支那薄色海豚、学名:Sousa chinensis)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科ウスイロイルカ属に分類されるイルカである。
ウスイロイルカと合わせて一つの種 Sousa chinensis として、シナウスイロイルカをその亜種 Sousa chinensis chinensis とする場合もある。
>シナウスイロイルカ (Sousa chinensis) はウスイロイルカ (Sousa plumbea) に似ている。生息域によりその形態は異なり、また成長とともに変化する。ウスイロイルカ (Sousa plumbea) に比べると背びれが大きく、背中の隆起が小さい。口吻は細長い。
成体の体長は2mから2.8m、体重は150kgから200kgである。生まれた直後の体長は1m程度である。
生まれた直後の体色は全身が黒あるいは濃い灰色であるが、成長するに従って名前の通り薄い色に変化し、成体では全身ピンクあるいはピンクと白色あるいは明るい灰色の斑模様になる。
引用元:シナウスイロイルカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB