「ケラト」サウルス 「角をもつトカゲ」 トリ「ケラト」プス「tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」

075jGBSSZb
鼻と目の上に3本の角があること
から「角をもつトカゲ」という
意味がある、ジュラ紀に生息した
肉食恐竜は◯◯◯サウルス?
シュマ
アパノ
ケルゴ
ケラト(答)
「ケラトサウルス」
Ceratosaurus

onQbHDh
引用元:ファイル:Ceratosaurus nasicornis DB.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ceratosaurus_nasicornis_DB.jpg

ケラトサウルス(Ceratosaurus)は、中生代ジュラ紀中期から後期にかけての現北アメリカ大陸と現アフリカ大陸に生息していた獣脚類の恐竜の一種。竜盤目 – 獣脚亜目 – ケラトサウルス科に属する。属名は「角をもつトカゲ」を意味する[1]。
引用元:ケラトサウルス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

ケラトサウルス
けらとさうるす
ceratosaur
[学]Ceratosaurus nasicornis

竜盤目獣脚類(亜目)ケラトサウルス類(下目)ネオケラトサウルス類Neoceratosauriaに属する恐竜。ジュラ紀後期、約1億5570万年~1億4550万年前の北アメリカ西部の地層から産出した二肢歩行の肉食恐竜。全長約6メートルで、属名はギリシア語で「角(つの)の爬虫(はちゅう)類」という意味。板状の隆起が鼻の上にあり、低い1対の角が目の上にもあった。どちらもきゃしゃな骨でできているため、角の役割は武器としてではなく、交尾期や仲間どうしの争いで相手を押す程度に使われ、おもにディスプレー用であったらしい。
引用元:ケラトサウルス(ケラトサウルス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9-60017

トリケラトプス (Triceratops) は、中生代白亜紀後期マーストリヒト階の、現在の北米大陸に生息した植物食恐竜の一属。白亜紀最後期の恐竜の一つで、中生代の終わりとともに姿を消した。
全長約9メートル、体重約5 – 8.5トン。四足歩行。現在の北米にあたる地域に生息した大型で、最も後期に登場した角竜である。トリケラトプスとは「tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」から「3本の角を持つ顔」を意味しており、これは1本の鼻角と、目の上にある2本の上眼窩角に由来する。首の筋肉が発達していたと考えられており[要出典]、闘争の際にはこの角を用いたと推測される(角や四肢の構造上サイのような突進は出来なかったという説もある)[要出典]。頭骨の半分を占める、後頭部から首の上にまで伸びたフリルも特徴のひとつ。口先は鳥のくちばしのように尖っており、草や木の葉を掴み取って食べていたと考えられる。[要出典]
引用元:トリケラトプス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%97%E3%82%B9