「ショック賞」「アーベル賞」「ガウス賞」

015fQLQyZQ
031nYJHazZ
次の数学の賞を
第1回が授与されたのが
早い順に選びなさい
ボーヤイ賞 1902
コール賞 1928
フィールズ賞 1936
ネヴァリンナ賞 1981
ショック賞 1993
アーベル賞 2003
ラマヌジャン賞 2005
ガウス賞 2006
28%

数学に「ボコられ、ふて寝し抗う」はどうでしょうか。

037HmgAKyF
1993年に創設された賞
数学部門で佐藤幹夫が受賞
視覚芸術部門でSANAAが受賞
スウェーデンの哲学者に由来
ショック賞
ボーヤイ賞(答)
コール賞
ガウス賞
24%

並べ替え
「建築界のノーベル賞」とも称されるプリツカー賞を2010年に受賞した、妹島和世と西沢立衛からなる建築ユニットは?
SANAA
「サナア」Sejima and Nishizawa and Associates


1902年創設の数学の賞
第1回はポアンカレが受賞
2000年に90年ぶりに復活
ハンガリーの数学者に由来
ボーヤイ賞(答)

連想
1928年創設の数学の賞
森重文、志村五郎らが受賞
代数部門と数論部門
元アメリカ数学会事務局長に由来
コール賞(答)

連想
数学賞のひとつ
4年に1度
アルキメデスのメダル
カナダの数学者が提唱
フィールズ賞(答)

連想
数学賞のひとつ
第1回受賞者はタージャン
情報科学が大賞
フィンランドの数学者の名に由来
ネバンリンナ賞(答)

連想
2003年創設の数学の賞
賞金は1億円
第1回受賞者はセール
ノルウェーの数学者に由来
アーベル賞(答)

連想
2005年創設の数学の賞
第1回受賞者はマルセロ・ピアナ
発展途上国の45歳未満に授与
インド人の数学者に由来
ラマヌジャン賞(答)

連想
2006年創設の数学の賞
メダルの裏面には小惑星セレス
第1回受賞者は伊藤清
ドイツの数学者に由来
ガウス賞(答)

ボーヤイ・ヤーノシュ国際数学賞 (Bolyai János Nemzetközi Matematikai Díj, János Bolyai International Mathematical Prize) はハンガリー科学アカデミーより授与される数学賞。一般に「ボーヤイ賞」 (Bolyai-díj, Bolyai Prize) と略される。5年に一度、過去10年間に出版された最も優れた数学のモノグラフの著者に対して授与される。現在の賞金額は25000ドル。
1902年、ハンガリーのトランシルヴァニア(現ルーマニア領)出身のセーケイ人(ハンガリー人)数学者ボーヤイ・ヤーノシュの生誕100周年を記念し、彼の功績を称える目的で設立された。
引用元:ボーヤイ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%82%A4%E8%B3%9E

フランク・ネルソン・コール賞 (Frank Nelson Cole Prize) は、アメリカ数学会から贈られる賞の一つ。「コール賞」と略して呼ばれることが多い。代数部門と数論部門の二つがあり、過去6年間に北米の数学誌に掲載された最も優れた論文の著者に対して授与される。現在の賞金は5000ドルで、アメリカ数学会会員にのみ受賞資格がある。歴代の受賞者にはフィールズ賞受賞者も含まれており、その受賞基準の厳しさから、数学界における最も栄誉ある賞の一つに数えられる。
>代数部門受賞者[編集]
第1回 (1928年) – レナード・ユージン・ディクソン (Algebren und ihre Zahlentheorie, Orell Fuüssli, 1927に対して)
引用元:コール賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B3%9E

フィールズ賞(フィールズしょう)は、若い数学者のすぐれた業績を顕彰し、その後の研究を励ますことを目的に、カナダ人数学者ジョン・チャールズ・フィールズ (John Charles Fields) の提唱によって1936年に作られた賞のことである[1][2][3]。
引用元:フィールズ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E8%B3%9E

ロルフ・ネヴァンリンナ賞(Rolf Nevanlinna Prize)は、計算機科学における優れた数学的貢献をなした研究者に贈られる賞。4年に一度の国際数学者会議において授与され、フィールズ賞と同じく40歳以下の研究者にのみ受賞資格がある。
1981年、国際数学連合が設けた賞で、前年に死去したフィンランドの数学者ロルフ・ネヴァンリンナにちなんで名付けられた。受賞者には金メダルと報奨金が授与される。
引用元:ネヴァンリンナ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%8A%E8%B3%9E

ショック賞 (Schockprisen) は、哲学者であり芸術家でもあったロルフ・ショック (1933 – 1986) の遺志により創設された賞。1993年にスウェーデンのストックホルムで授賞式が行われて以来、当初は2年毎、現在は3年毎に顕彰されている。
「論理学・哲学」「数学」「視覚芸術」「音楽芸術」の四部門があり、受賞者はスウェーデン王立科学アカデミーが各部門ごとに組織する選考委員会によって決定される。受賞者には40万スウェーデン・クローナが贈られる。
引用元:ショック賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E8%B3%9E

アーベル賞(アーベルしょう)は、顕著な業績をあげた数学者に対して贈られる賞である。
>2001年、ノルウェー政府は同国出身である数学者ニールス・アーベルの生誕200年(2002年)を記念して、アーベルの名を冠した新しい数学の賞を創設することを公表し、そのためにニールス・ヘンリック・アーベル基金を創設した。
>毎年、ノルウェー科学文学審議会によって任命された5人の数学者からなる委員会が、受賞する人物を決定する。賞金額はスウェーデンのノーベル賞に匹敵し、数学の賞としては最高額である。この賞の主な目的は、数学の分野における傑出した業績に国際的な賞を与えることであり、社会における数学の地位を上げることや、子供たちや若者の興味を刺激することも企図している。
2003年4月、初めての受賞者が公表され、ジャン=ピエール・セールに送られることに決まった(賞金は600万ノルウェークローネ、約1億円)。
引用元:アーベル賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E

ガウス賞(Carl Friedrich Gauss Prize)は、社会の技術的発展と日常生活に対して優れた数学的貢献をなした研究者に贈られる賞。
カール・フリードリヒ・ガウスの生誕225周年を記念し、2002年にドイツ数学会と国際数学連合が共同で設けた賞で、第一回授賞は2006年。その名はガウスが1801年に一旦は発見されながら見失われてしまった小惑星セレスの軌道を最小二乗法の改良により突き止め、再発見を成功させた故事に由来する。
引用元:ガウス賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9%E8%B3%9E

ラマヌジャン賞(ラマヌジャンしょう)は、数学の分野において傑出している研究を行った発展途上国の45歳未満の研究者に贈られる賞。
賞の名前は、19世紀のインドの伝説的な数学者であるシュリニヴァーサ・ラマヌジャンに由来し、発展途上国の若手数学研究者にスポットを当てる意味合いで創設された。2005年にアーベル基金が創設し、第一回受賞は創設と同年である2005年。国際数学協会(IMU)と国際理論物理学センター(ICTP)によって任命された5名の著名な数学者から構成される委員会が毎年受賞者を選定し、発表する。受賞者は基本的には個人を対象とするものの、共同研究などにより、内容によっては複数人が受賞できる。
引用元:ラマヌジャン賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E8%B3%9E
引用元:ラマヌジャン賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E8%B3%9E