「ウォンバット」有袋類の一種 コアラに似た性格 「クスクス」インドネシア、オセアニア生息 樹上生活

022CkhdTsv
有袋類の一種
穴を掘るのが上手
コアラに似た性格
平らな鼻が特徴
ウォンバット(答)
クスクス
オポッサム
バンディクート


有袋類の一種
南北アメリカに生息
危険を感じると死んだフリをする
別名「フクロネズミ」
オポッサム(答)


有袋類の一種
インドネシア、オセアニアに生息
主に樹上で生活する
毛皮目的で乱獲される種も
クスクス(答)


有袋類の一種
絶滅危惧種に認定されている
別名「フクロアナグマ」
タスマニア島にのみ生息
タスマニアデビル(答)

ウォンバットは、双前歯目ウォンバット科(ウォンバットか、Vombatidae)に分類される構成種の総称。名前はアボリジニの言葉で「平たい鼻」を意味する。生態は異なるがコアラに近い種族である。
>オーストラリアクイーンズランド州の一部、及び、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、タスマニア州の低木林や草原に分布する[3] 。
引用元:ウォンバット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88

クスクス科(クスクスか、Phalangeridae)は、双前歯目に含まれる科。
>インドネシア、オーストラリア、パプアニューギニア
>最大種はクロフクスクスで体長70センチメートル、尾長50センチメートル、体重5キログラム。最小種はクロクスクスで体長34センチメートル、尾長30センチメートルと広義の有袋類では比較的大型種で形成される。胴体は体毛で密に被われる。尾の腹面には体毛がなく、枝などに巻きつける事ができる。
引用元:クスクス科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%B9%E7%A7%91

バンディクート【bandicoot】

ウサギ大かそれよりもやや小さな雑食性の有袋目バンディクート科バンディクート属Peramelesに属する哺乳類の総称。ニシシマバンディクートP.bougainville,ハナナガバンディクートP.nasutaなど4種がある。後肢がよく発達し,跳躍する姿はカンガルーに似るが,吻(ふん)が長くとがり,尾が細い点ではトガリネズミに似る。前足は比較的大きく穴を掘るのに適する。育児囊は後方に開き,ふつう8個の乳頭がある。
引用元:バンディクートとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%88-363447