ランゲルハンス島α細胞「グルカゴン」β細胞「インシュリン」δ細胞「ソマトスタチン」 ソルベー「インシュリン構造の研究」「ノーベル化学賞を2度受賞」

043pgTWlpk
ホルモンの一種
すい臓から分泌される
ランゲルハンス島α細胞
血糖値を上昇させる
インシュリン
ソマトスタチン
グルカゴン(答)
ガストリン

CIMG2433XzGnVyyqnnRX
イギリスの科学者
核酸の塩基配列の解明
インシュリンの構造に関する研究
ノーベル化学賞を2度受賞
ソディ
サンガー(答)
ポランニー
ソルベー


イギリスの化学者
1921年にノーベル化学賞を受賞
アイソトープの命名者
アルファ崩壊・ベータ崩壊を発見
ソディ(答)

文字パネル
1958年と1980年の二度ノーベル化学賞を受賞したイギリスの生化学者はフレデリック・◯◯◯◯?
サンガー(答)

文字パネル
放射性元素の崩壊の研究や同位体の概念を提唱したことで1921年にノーベル化学賞を受賞したのはフレデリック・◯◯◯?
ソディ(答)

連想
ハンガリー出身の化学者
息子はノーベル物理学賞の受賞者
兄は有名な経済人類学者
暗黙知・層の理論等の概念を提唱
ポランニー(答)

連想
ベルギーの化学者
政治家としても活動
物理に関する国際会議に名を残す
無水炭酸ナトリウムの製造法
ソルベー(答)

線結び
次の膵臓における
ランゲルハンス島の細胞と
分泌するホルモンの
正しい組み合わせを選びなさい
α細胞───グルカゴン
β細胞───インシュリン
δ細胞───ソマトスタチン

グルカゴン (glucagon) は29アミノ酸残基からなるペプチドホルモンで、炭水化物の代謝に重要な機能を持つ。分子量3,485。インスリンとともに血糖値を一定に保つ作用をするホルモンであり、インスリンとは反対に血糖値が下がって糖を必要とするようになったときに肝細胞に作用してグリコーゲンの分解を促進する。Kimball と Murlin によって膵臓の抽出物から1923年に発見された。グルカゴンは主に膵臓のランゲルハンス島のA細胞(α細胞)で生合成、分泌される。
引用元:グルカゴン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%B3

インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。
引用元:インスリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3

ソマトスタチン(英: somatostatin, SST)とは、脳の視床下部、膵臓のランゲルハンス島D細胞、消化管の内分泌細胞(D細胞)などから分泌されるホルモンである。
引用元:ソマトスタチン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%B3

ガストリン(英: gastrin)は、主に胃の幽門前庭部に存在するG細胞から分泌されるホルモン。胃主細胞からのペプシノゲン分泌促進作用、胃壁細胞からの胃酸分泌促進作用、胃壁細胞増殖作用、インスリン分泌促進作用などが認められている。ガストリン分泌はプログルミドやセクレチンなどによって抑制される。
引用元:ガストリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3

グルカゴン
glucagon

膵臓ランゲルハンス島のα細胞で生成されて分泌される血糖上昇ホルモン。近年,膵臓以外の胃,十二指腸粘膜などにもα細胞が存在するといわれる。抗インスリン作用があり,グリコーゲンの分解を促進して,血糖を上昇させる。
引用元:グルカゴン(グルカゴン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%B3-57181

インスリン
insulin

ホルモンの一種。膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌され,糖質の代謝に重要な役割を果す。 1921年に F.G.バンティングと C.H.ベストが発見し,34年に D.スコットが亜鉛添加によって容易に結晶化することを発見するに及んで,純度の高いインスリン製剤が広く供給されるようになった。
引用元:インスリン(インスリン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3-32936

ソマトスタチン【somatostatin】

14個のアミノ酸からなるホルモンで,1973年ブラゾーP.Brazeauらによって,50万個のヒツジの視床下部の抽出物から分離,同定された。成長ホルモン(別名ソマトトロピン)の分泌を抑制することから,成長ホルモン放出抑制因子growth hormone inhibiting factor(GIFと略記),growth hormone inhibiting hormone(GIH),somatotropin release inhibiting factor(SRIF)とも呼ばれる。
引用元:ソマトスタチン(ソマトスタチン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%B3-555243

ガストリン【gastrin】

消化管ホルモン(消化器臓器の体液性調節物質)の一つ。主として胃の幽門前庭部の粘膜に存在するG細胞によって分泌される。胃酸分泌促進作用がおもな作用である。1905年イギリスのエドキンズJ.S.Edkinsにより発見され,64年アメリカのグレゴリーR.A.GregoryとトレーシーH.J.Tracyによりアミノ酸17個から成るポリペプチドとして構造式が決定された。その後,血液中ではアミノ酸34個のものが多いことがわかり,17個のものは小ガストリンlittle gastrin,34個のものは大ガストリンbig gastrinとよばれている。
引用元:ガストリン(ガストリン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3-44619