マダガスカル島固有種「デュメリルボア」「ベローシファカ」「カンムリシファカ」「カンムリキツネザル」「エダハヘラオヤモリ」「ヒロスジマングース」「ヒロバナジェントルキツネザル」


次のうち
マダガスカル島の固有種を
全て選びなさい
コキーコヤスガエル プエルトリコ
エダハヘラオヤモリ(答)
クロアシネコ 南アフリカ
25%

492zcmniavzcdj
次のうち
マダガスカル島の固有種を
全て選びなさい
デュメリルボア(答) ボア科のヘビ
ヒヨケザル 東南アジア
カンムリシファカ(答)
25%

098sIaWGpK
次のうち
マダガスカル島の固有種を
全て選びなさい
ブームスラング アフリカ大陸 毒ヘビ
ベローシファカ(答)
カンムリキツネザル(答)
22%
126LtuwTsX
次のうち
マダガスカル島の固有種を
全て選びなさい
エダハヘラオヤモリ(答)
ムカシトカゲ ニュージーランド
ヒロスジマングース(答)
インドリ(答)
ヒラオリクガメ(答)
イタチキツネザル(答)
カンムリシファカ(答)
コビトマングース エチオピアほか
ヒヨケザル 東南アジア
ジャクソンカメレオン ケニアほか
コキーコヤスガエル
25%

185pfFvHPx
CIMG0380fAnvBizlopkt
次の文字列を順に選んで
マダガスカルで一時期
絶滅の可能性が考えられていた
動物の名前にしなさい
ヒロバナ
ジェントル
キツネ
ザル
「ヒロバナジェントルキツネザル」
「the broad-nosed gentle lemur」

aXGsddP
引用元:天王寺動物園発行情報誌『なきごえ』www.jazga.or.jp/tennoji/nakigoe/2011/01/graph_zoo.html http://www.jazga.or.jp/tennoji/nakigoe/2011/01/graph_zoo.html

四択
2008年に「日本モンキーセンター」で、ストーブの周りで温まる姿が人気を集めたサルといえば?
ワオキツネザル(答)

デュメリルボア(学名:Acrantophis dumerili)は、ボア科マダガスカルボア属(ボア属とする説もあり)に分類されるヘビ。
分布[編集]
マダガスカル南西部固有種
引用元:デュメリルボア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%82%A2

ベローシファカ(Propithecus verreauxi)は、インドリ科シファカ属に分類される霊長類。
分布[編集]
マダガスカル固有種
>生態[編集]
水辺にある落葉広葉樹林に生息する。樹上棲。2-12頭の複数の雌雄が含まれる小規模な群れを形成し生活する。昼行性。樹間を跳躍して移動し、10mの距離を跳躍する事もできる。しかし近くに飛び移る木がない場合は、前肢と尾でバランスを取り横方向に跳ねるように地表を移動することもある。
食性は植物食で、植物の葉、花、果実などを食べる。地表に降りて水を飲む事は無く、植物や朝露を嘗めることで水分を摂取する。
引用元:ベローシファカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AB

カンムリキツネザル(冠狐猿、Eulemur coronatus)は、キツネザル科に分類されるサル。
>分布[編集]
マダガスカル北部固有種
>形態[編集]
体長32-37cm。尾長41-51cm。体重1.5-1.8kg。頭部にはアルファベットの「V」字状にオレンジ色の斑紋が入る。種小名coronatusは「冠のある」の意で頭部の斑紋に由来し、和名や英名(crowned=冠のある)と同義。
オスは背面が灰色がかった濃褐色の体毛で被われ、頭部に黒い斑紋が入る。メスは背面が灰色、腹面が淡灰色の体毛で被われる。また頬や下顎を被う体毛が白い。
引用元:カンムリキツネザル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D%E3%82%B6%E3%83%AB

エダハヘラオヤモリ(枝葉箆尾守宮、Uroplatus phantasticus)は、爬虫綱有鱗目ヤモリ科ヘラオヤモリ属に分類されるトカゲ。
>マダガスカル東部固有種
引用元:エダハヘラオヤモリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%80%E3%83%8F%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%AA

クロアシネコ(Black-footed Cat)は南アフリカ共和国、ナミビア、ボツワナ、そしてわずかにジンバブエにも分布する、小型の野生の猫である。カラハリ砂漠の半砂漠地帯やサバンナ地帯に点在する。平均的な体重は1.6kgで、現存する猫の中で最も小さいものの一つである。
引用元:クロアシネコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%82%B3

ムカシトカゲはニュージーランドの限られた地域に生息する、原始的な形質を残した爬虫類。現地での呼称からトゥアタラ(tuatara)と呼ばれることもある。
引用元:ムカシトカゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2

ヒロスジマングース(Galidictis fasciata)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)マダガスカルマングース科ヒロスジマングース属に分類される食肉類。
>分布[編集]
G. f. fasciata
マダガスカル南東部[1][2][3]固有亜種
G. f. striata
マダガスカル北東部[2]固有亜種
引用元:ヒロスジマングース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B9

インドリ(Indri indri)は、
>哺乳綱サル目(霊長目)インドリ科インドリ属に分類されるサル。本種のみでインドリ属を構成する。
>分布[編集]
マダガスカル東部[1][2][3]固有種
引用元:インドリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA

ヒラオリクガメ(平尾陸亀、Pyxis planicauda)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目リクガメ科クモノスガメ属に分類されるカメ。
>分布[編集]
マダガスカル西部固有種
引用元:ヒラオリクガメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%A1

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
イタチキツネザル
いたちきつねざる
sportive lemur
[学]Lepilemur mustelinus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目キツネザル科の動物。マダガスカル島固有の原猿で、全島に広く分布する。5亜種に分類されるが、5種として扱う見解もある。頭胴長25~35センチメートルで、尾もほぼ同長。目と耳介は大きい。体毛は赤みを帯びた灰色を基本とするが、亜種ごとに変わる。
引用元:イタチキツネザル(いたちきつねざる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D%E3%82%B6%E3%83%AB-1269053

カンムリシファカはマダガスカル島にすむキツネザルの仲間なかま。サファイアやルビーの発掘はっくつで森がなくなり、とても困こまっているんだ。この数十年で大幅おおはばに減へってしまったんだよ。
引用元:カンムリシファカ-調べてみよう!絶滅しそうな動物たち-絶滅危惧動物図鑑(ぜつめつきぐどうぶつずかん) | コニカミノルタ http://www.konicaminolta.jp/kids/animals/library/field/diademed-sifaka.html

マングースの仲間はアジアやアフリカなどに広く分布しているが、コビトマングースは、エチオピアやソマリア、ケニアからモザンビーク、アンゴラやザンビア、コンゴ民主共和国南部などの、アフリカ大陸の東部や南部にかけてのサバンナ地帯や、樹木がまばらに生えているような地域に生息し、標高2000m程度まで姿が見られる。
引用元:動物図鑑/コビトマングース http://www.pz-garden.stardust31.com/syokuniku-moku/jyakou-haiena-ka/kobito-mangusu.html

ヒヨケザル目(ヒヨケザルもく)は脊椎動物亜門 哺乳綱の1目。皮翼目(ひよくもく)とも呼ばれる。
>現生群は、ヒヨケザル科の1–2属のみで、ヒヨケザル(日避猿)と総称される。コウモリザルの別名もある。東南アジアの熱帯地方に生息し、フィリピンヒヨケザル Cynocephalus volans とマレーヒヨケザル Cynocephalus variegatus の2種のみが現存する。ヒヨケザルの属名 Cynocephalus は、「イヌの頭」という意味のラテン語から来ている。和名で「サル」の語がつくのは、キツネザルに似た頭部の外見による。
引用元:ヒヨケザル目 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A8%E3%82%B1%E3%82%B6%E3%83%AB%E7%9B%AE

ジャクソンカメレオン(Chamaeleo jacksonii)は、爬虫綱有鱗目カメレオン科カメレオン属に分類されるトカゲ。
>分布[編集]
ケニア、タンザニア[2]
引用元:ジャクソンカメレオン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3

コキーコヤスガエル (Eleutherodactylus coqui) はコヤスガエル科に属するカエルの1種。プエルトリコ固有種。夜間に”COQUI”と表記される声で大音量で鳴く[4]。オタマジャクシを経ず、卵からカエルの形態で孵化するため、繁殖に水辺を必要としない。ハワイなどで外来種として分布を拡大しており、世界の侵略的外来種ワースト100の一覧に挙げられている。
プエルトリコの文化において重要な動物で、国獣として扱われる。
引用元:コキーコヤスガエル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%A4%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB

ジェントルキツネザル
じぇんとるきつねざる
gentle lemur
哺乳(ほにゅう)綱霊長目キツネザル科ジェントルキツネザル属に含まれる動物の総称。この属Hapalemurの原猿はマダガスカル島特産で、2種がある。
>ヒロバナジェントルキツネザルH. simusはもっと大形で、腕の皮脂腺がない。東部多雨林産の非常にまれな種で、絶滅したという説もある。[上原重男]
引用元:ジェントルキツネザル(じぇんとるきつねざる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D%E3%82%B6%E3%83%AB-1328554

PPBHpsh
こちらはジェントルキツネザル3種のうちのの最大種(といっても体重2kg)、ヒロバナジェントルキツネザルです。
なつっこそうに手を差し出してきたので、ついついこちらも手を出したところ、握手してきてくれました。が、うっかりしたら竹の幹をワシワシ噛み切る丈夫な歯でかじりつかれちゃいますから…お気をつけあそばせ。
さすがに動物園ですから、食事は竹ではなく野菜でした。
引用元:日本アイアイ・ファンド ギャラリー(2)チンバザザのキツネザル http://www.ayeaye-fund.jp/photo02.html

The greater bamboo lemur (Prolemur simus), also known as the broad-nosed bamboo lemur and the broad-nosed gentle lemur, is the largest bamboo lemur, at over five pounds or nearly 2.5 kilograms. It has greyish brown fur and white ear tufts, and has a head-body length of around one and a half feet, or forty to fifty centimeters. They have relatively long tails and long back legs for leaping vertically amongst the trees of their forest habitat
>The greater bamboo lemur (Prolemur simus), is one of the world’s most critically endangered primates, according to the IUCN Red List. Scientists believed that it was extinct, but a remnant population was discovered in 1986.[8]
引用元:Greater bamboo lemur – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Greater_bamboo_lemur