ハーマン・マラー「ショウジョウバエに対するX線照射実験」 アメリカの遺伝学者

057lMxacYqZQp
1946年のノーベル生理学・医学賞
アメリカの遺伝学者
ショウジョウバエ
X線照射による突然変異を発見
ロベルト・コッホ
トーマス・モーガン
パウル・エールリヒ
ハーマン・マラー(答)

ハーマン・ジョーゼフ・マラー(Hermann Joseph Muller、1890年12月21日 – 1967年4月5日)はアメリカの遺伝学者。ショウジョウバエに対するX線照射の実験で人為的に突然変異を誘発できることを発見した。この業績により1946年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。精子バンクの提唱者でもある。
>1946年にX線によって突然変異が誘導できること(人為突然変異)を発見し、遺伝子が物質からできていることの証拠となり、その後の分子生物学の誕生にも影響を与えた。また彼はX線照射による染色体への影響を観察し、逆位や欠失など様々な染色体異常を記載している。この過程で染色体末端の構造テロメアの定義も行った。
引用元: ハーマン・J・マラー – Wikipedia.

ロベルト・コッホ、またはハインリヒ・ヘルマン・ローベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch、1843年12月11日 – 1910年5月27日)は、ドイツの医師、細菌学者。ルイ・パスツールとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。
>炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者である。純粋培養や染色の方法を改善し、細菌培養法の基礎を確立した。寒天培地やペトリ皿(シャーレ)は彼の研究室で発明され、その後今日に至るまで使い続けられている。
引用元: ロベルト・コッホ – Wikipedia.

トーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan、1866年9月25日 – 1945年12月4日)はアメリカ合衆国の遺伝学者。キイロショウジョウバエを用いた研究で古典遺伝学の発展に貢献し、染色体が遺伝子の担体であるとする染色体説を実証した。その業績により、1933年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。
引用元: トーマス・ハント・モーガン – Wikipedia.

パウル・エールリヒ(Paul Ehrlich, 1854年3月14日 – 1915年8月20日)はドイツの細菌学者・生化学者。
「化学療法 (chemotherapy)」という用語と「特効薬 (magic bullet)」という概念をはじめて用いた。
>彼は血液学・免疫学・化学療法の基礎を築いた独創的な研究者であり、細菌学や医化学方面に数多くの新技法を考案した。150余篇の論文は多方面にわたる。
>のちトリパノソーマに対するトリパンロートの発見(1904年)や種々な化学療法剤の研究があり、1906年に眠り病への特効薬となるアトキシルの構造式を発見した。1910年には彼の研究所で日本の医学者・秦佐八郎が実験を担当していた梅毒治療剤サルバルサン(606号)の発見を導いた。この発見は後のサルファ剤・ペニシリンなどの抗生物質の発見をうながしたという点で功績が大きい。なお赤痢菌の発見者・志賀潔はエールリヒと同門である。
引用元: パウル・エールリヒ – Wikipedia.