カバノキ科「ハンノキ」「クマシデ」「ミズメ」「ヘーゼルナッツ」

323kIdmBhd
ハンノキ
ミズメ
クマシデ
ヘーゼルナッツ
カバノキ科(答)
クルミ科
サガリバナ科
ヤマモガシ科


ゴバンノアシ
ホウガンノキ
ナポレオナエア
ブラジルナッツ
サガリバナ科(答)

バンクシア
ハゴロモノキ
プロテア
マカダミアナッツ
ヤマモガシ科(答)

四択
カシューナッツは何科の植物?
ウルシ科(答)

ハンノキ(榛の木。学名:Alnus japonica)は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。
>日本、朝鮮半島、ウスリー、満州に分布する。日本では全国の山野の低地や湿地、沼に自生する。樹高は15mから20m、直径60cmほど。湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木。花期は冬の12-2月頃(北海道では3月頃)で、葉に先だって単性花をつける。雄花穂は黒褐色の円柱形で尾状に垂れ、雌花穂は楕円形で紅紫色を帯び雄花穂の下部につける。花はあまり目立たない。果実は松かさ状で10月頃熟す。葉は有柄で長さ5~13cmの長楕円形。縁に細鋸歯がある。良質の木炭の材料となるために、以前にはさかんに伐採された。材に油分が含まれ生木でもよく燃えるため、北陸地方では火葬の薪に使用された。近年では水田耕作放棄地に繁殖する例が多く見られる。
引用元:ハンノキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%82%AD

ミズメ(Betula grossa)は、カバノキ科カバノキ属の落葉高木。ヨグソミネバリ(夜糞峰榛)、アズサ(梓)とも呼ばれる。樹皮や材観がサクラに似ていることから、ミズメザクラ(水目桜)とも呼ばれる。
古くは梓弓を作るときに使用されていた。皇太子徳仁親王のお印でもある。
サリチル酸メチルを多く含み、枝を折ると独特のにおいがする。「夜糞」という名もこのにおいによるらしい。
引用元:ミズメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%A1

クマシデ(熊四手、熊垂、学名:Carpinus japonica )は、カバノキ科クマシデ属の落葉広葉樹。別名はカタシデ。
>日本(本州・四国・九州)、朝鮮半島、中国の日当たりのよい山地に自生する落葉高木で、その高さは10〜15mほどになる。 花期は4〜5月ごろで雌雄異花。小苞(しょうほう)[3]が重なり合った花穂の形が独特である。10〜11月に長さ4〜5cmの果実を付ける。
また、材は堅いため、家具材・建築材・農具の柄などに用いられる。
引用元:クマシデ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%87

ヘーゼルナッツ(英: Hazelnut)とは、カバノキ科ハシバミ属の落葉低木の果実(堅果)である。形はややドングリに似るが、大きさがもっと大きい。食用に供される種実類(ナッツ)として世界に広く流通している、代表的なものの一つである。
ヘーゼルナッツ – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%84