「ソーンダイク」試行錯誤説 原口鶴子を指導 猫の問題箱

165PpQYZVf
アメリカの心理学者
原口鶴子を指導
猫の問題箱
試行錯誤説を提唱
ソーンダイク(答)
スキナー
フロイト
マズロー

CIMG1994twZRJKduHaPW
行動分析に使われる
この装置は○○○○箱?
(画像出題)
スキナー(答)
「スキナー箱」

キューブ
キューブ 「試行錯誤説」で知られるアメリカの心理学者です
ソーンダイク(答)


アメリカの心理学者
「自己実現」を研究
5段階のピラミッド
人間の欲求段階説
マズロー(答)

連想
深層心理学
著書「夢判断」
精神分析の創始者
オーストリアの心理学者
フロイト(答)

連想
著書「精神医学書」
スイスの精神医学者
ユングの師匠
「精神分裂病」を命名
ブロイラー(答)

連想
深層心理学
アニマ、アニムス
スイスの心理学者
フロイトの弟子
ユング(答)

エドワード・L・ソーンダイク(Edward L. Thorndike, 1874年8月31日 – 1949年8月9日)は、アメリカの心理学者・教育学者。コロンビア大学教授。連合主義の一形式である結合主義の研究に独自に取り組む。教育評価の分野では教育測定運動の父と言われる。試行錯誤説(ネコの問題箱の研究)が有名。1903年に「教育心理学」を刊行、これは後に3巻本の大著となる(1913-14)。教育評価の父としても知られる。
>ジェームズ・キャッテルのもとで研究を行い「動物知性-動物における連合過程の実験的研究-」で博士号を得る。この研究では、動物の行動に過度に知的なものを読み込むのを戒める姿勢が貫かれている。動物の行動は、個々の行為を何らかの見通しのもとに行っているわけではなく試行錯誤に過ぎない、ということが彼の強調点であった。しかし、試行錯誤ではあっても学習過程であることには変わりなく、試行錯誤学習という考え方はスキナーのオペラント条件づけの知的基盤となった。
また、コロンビア大学在職中は、日本からの留学生新井鶴子を指導し、1912年に日本人女性初となる哲学博士号を授与した。(新井鶴子は博士号授与のその日に結婚して原口鶴子となる)。この年、日本では女性は大学進学すらできなかった時であることを付記する。
引用元:エドワード・ソーンダイク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AF

強化学習入門
mzehkxf
引用元:強化学習入門 http://www.slideshare.net/mitmul/ss-20417728

スキナーボックス
Skinner box

B.F.スキナーが動物の学習を研究するために考案した実験装置。代表的なものは,内部にてこがあり,ネズミがこれを押すと餌あるいは水が与えられるようになっている箱であるが,種々の変形がある。
引用元:スキナーボックス(スキナーボックス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-83537