「8本」の筋 奄美諸島の「スジブトヒラタクワガタ」日本固有種

157gFWlOgB
奄美大島、徳之島などに生息
しているクワガタの一種
スジブトヒラタクワガタの
背中に筋は何本ある?
6本
8本(答)
2本
4本

410neDOeviwQu
次のクワガタムシの画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像───ヒラタクワガタ
Bの画像───コクワガタ
Cの画像───ノコギリクワガタ

CIMG4258WvZXEVzDyMLz
次のクワガタムシの画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像───ヒラタクワガタ
Bの画像───ミヤマクワガタ
Cの画像───コクワガタ

「コクワガタ」がポイント。画像からついつい一番小さいクワガタ(それはヒラタクワガタ)を選んでしまうので、意外に間違えてしまいます。
引用元:クワガタ虫の画像「ヒラタクワガタ」ノコギリ状の小歯・写真では小さい「コクワガタ」尖った内歯一対「ノコギリクワガタ」赤褐色・湾曲した歯「ミヤマクワガタ」耳状突起 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/14270/

スジブトヒラタクワガタ(条太平鍬形 Dorcus metacostatus)は、コウチュウ目・クワガタムシ科・オオクワガタ属・ヒラタクワガタ亜属の1種で、 日本の固有種であり、上翅(じょうし)に明確な太いスジが見られる珍しいクワガタムシである。 種小名のmetacostatusとは「後ろに肋のある」という意味である。
>体長はオス23-70、1mm(飼育下最大体長71、2mm2009)、メス26.5-41mm(飼育下最大体長47mm2010)
上翅には明確なスジが8本ある。世界のオオクワガタ属のなかでも、大型個体で明確なスジがあるのはスジブトヒラタクワガタだけである。
引用元:スジブトヒラタクワガタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF

成虫は黄褐色から黒色のものが多いが、南アメリカのコガシラクワガタ属Chiasognathus、オーストラリアのキンイロクワガタ属Lamprimaなど美しい金属色の類もあり、日本にいるルリクワガタPlatycerus delicatulusなどは青藍(せいらん)色に光る。日本産の大形な種にはミヤマクワガタ、オオクワガタがあり、雄は体長70ミリメートルに達する。代表的な種にはノコギリクワガタ、コクワガタ、アカアシクワガタ、ヒラタクワガタなどがあり、ミクラミヤマクワガタ(伊豆諸島御蔵島(みくらじま))、スジブトヒラタクワガタ(奄美諸島(あまみしょとう))、ヤマトサビクワガタ(徳之島)、オガサワラチビクワガタ(小笠原諸島(おがさわらしょとう))などは特異な固有種である。[中根猛彦]
引用元:クワガタムシ(クワガタムシ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%82%B7-58253