「畑中武夫」日本電波天文学の草分け 月・小惑星に名を残す

043yRBXGpH
月のクレーターに名を残す
小惑星にもその名を残す
太陽フレアの研究
電波天文学のパイオニア
野尻抱影 のじりほうえい
安島直円 あじまなおのぶ
畑中武夫(答)はたなかたけお
仁科芳雄 にしなよしお

畑中 武夫(はたなか たけお、1914年1月1日 – 1963年11月10日)は、日本の天文学者。日本の電波天文学の開拓者として知られている。
>イギリスのマーチン・ライルらの論文によって日本に電波天文学が紹介されると率先して研究テーマをこれに変え、1957年東京大学附属東京天文台天体電波部長に就任。若くして日本の天文学界をリードする存在となり、国際的に活躍し一般のメディアにも多く登場したが、1963年11月10日、脳出血のため49歳の若さで急死。
畑中の死後、その名は月のクレーター及び1978年11月1日に冨田弘一郎によって発見された小惑星に名付けられた。畑中の名がつけられた小惑星については4051 Hatanakaを参照。
畑中の弟子としては赤羽賢司、守山史生、森本雅樹、河鰭公昭らがいる[2]。また、萩原雄祐門下で弟弟子の小尾信彌も兄弟子の畑中にも師事した。
引用元:畑中武夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%91%E4%B8%AD%E6%AD%A6%E5%A4%AB

畑中(はたなか、4051 Hatanaka)は小惑星帯に位置する小惑星。1978年11月1日、フランスのアルプ=マリティーム県コーソル (Caussols) で冨田弘一郎によって発見された。
日本の電波天文学の開拓者畑中武夫に因んで命名された。
引用元:畑中 (小惑星) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%91%E4%B8%AD_(%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F)

畑中武夫
はたなかたけお

[生]1914.1.1. 和歌山
[没]1963.11.10. 東京
天体物理学者。東京大学天文学科を卒業 (1937) ,東京天文台に入る。東京大学教授 (48) 。電波天文学を推進し,恒星進化の理論を展開した。月の裏側のクレータの一つが彼の名にちなんで「ハタナカ」と名づけられた。
引用元:畑中武夫(はたなかたけお)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%95%91%E4%B8%AD%E6%AD%A6%E5%A4%AB-114664

畑中 武夫
ハタナカ タケオ

昭和期の天文学者 東京大学教授。

生年大正3(1914)年1月1日
没年昭和38(1963)年11月10日
出生地和歌山県新宮市
学歴〔年〕東京帝大理学部天文学科〔昭和12年〕卒
学位〔年〕理学博士〔昭和20年〕
経歴昭和13年東大助手兼東京天文台技手。20年惑星状星雲の研究で理学博士、28年東大教授。30年武谷三男、小尾信弥と共同で原子物理学の成果を取り入れた恒星の進化に関するTHO理論(THOは3人の頭文字)を発表。32年から東大附属天文台の初代天体電波部長となり、東京天文台で太陽の観測を始めるとともに、同年に始まった国際地球観測年に参加。34年国連宇宙空間平和利用特別委員会政府代表代理となる。その間、東京天文台に10メートル、名古屋大学に10メートル、京大に8メートルの電波望遠鏡の完成をみた。テレビの解説などでも精力的に活躍し、日本の天文学会をリードした。
引用元:畑中 武夫(ハタナカ タケオ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%95%91%E4%B8%AD+%E6%AD%A6%E5%A4%AB-1652574

野尻 抱影(のじり ほうえい、本名・正英(まさふさ)、1885年11月15日 – 1977年10月30日)は日本の英文学者、随筆家、天文民俗学者。早稲田大学文学部英文学科卒業。準惑星である冥王星の和訳命名者。
古今東西の星座・星名を調べ上げたことから 「和製アレン」 とでも言うべき存在でもあった。とくに、星の和名の収集研究で知られる。日本各地の科学館やプラネタリウムで行われる、星座とその伝説の解説には、野尻の著作が引用されることが多い。若くして文学に興味を持ち、小泉八雲に傾倒した。星の和名の収集を始めたのは40歳を過ぎてからであった。
>末弟に作家の大佛次郎[2]。妻は宗教家・教育者・言語学者として知られる大島正健の三女・麗。大島の妻、すなわち野尻の義母・千代は日本にサケ・マス孵化事業を導入・推進したことで知られる伊藤一隆の妹にあたる。
引用元:野尻抱影 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%B0%BB%E6%8A%B1%E5%BD%B1

安島直円(あじまなおのぶ、享保17年(1732年) – 寛政10年4月5日(1798年5月20日))は江戸時代中期の財政家・和算家。新庄藩士。本姓は藤原氏。家系は藤原秀郷流の安島氏。仮名は万蔵。字は伯規、号は南山。諱は直円。名は資料によっては安島万蔵とも載せ、新庄藩の資料では安嶋直円ともある。父は新庄藩御勘定頭・安島庄右衛門清英。兄弟に安島弥惣次清茂、伊東平蔵直休がいる。妻は於なを。家禄は80石。寛政10年(1798年)江戸藩邸にて没。江戸(現在の東京都港区三田)の曹洞宗常林寺に葬られた他、国元の菩提寺である出羽国最上郡新庄町(山形県新庄市)は桂嶽寺に分骨された。戒名は祖眞院智算量空居士。位階は贈従五位。和算に長け、同門の藤田定資をして「当代の名人」と言わしめ、江戸時代の数学の発展に寄与、後世の人は関孝和と並んで和算の二大焦点と評した[1]。
>月面には安島の名に由来するクレーターナオノブ (Naonobu) が存在する。
引用元:安島直円 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%B3%B6%E7%9B%B4%E5%86%86

仁科 芳雄(にしな よしお、1890年(明治23年)12月6日 – 1951年(昭和26年)1月10日)は、日本の物理学者である。岡山県浅口郡里庄町浜中の出身。日本に量子力学の拠点を作ることに尽くし、宇宙線関係、加速器関係の研究で業績をあげた。日本の現代物理学の父である。
死去から4年後の1955年、原子物理学とその応用分野の振興を目的として仁科記念財団が設立された。この財団では毎年、原子物理学とその応用に関して著しい業績を上げた研究者に仁科記念賞を授与している。
>なお月のクレーター “Nishina” は彼にちなんで名づけられた。Nishina の直径は約65kmで、緯度44.6S、経度170.4Wに位置する。また理化学研究所が3回の生成に成功したと発表した113番元素について、命名権が得られた場合の案として仁科にちなんだ「ニシナニウム」などが検討されている[1]。
引用元:仁科芳雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E7%A7%91%E8%8A%B3%E9%9B%84