感染症流行の規模「パンデミック」(フェーズ6)「エピデミック」「エンデミック」

348RagryRc
次の感染症の流行の状況を
より規模が大きい順に
選びなさい
パンデミック
エピデミック
エンデミック

CIMG8909KInQMtVidYIR
WHOの世界インフルエンザ事前
対策計画における警戒レベルで
「世界的大流行」を示すのは
「フェーズ○」?◯を答えなさい
6(答)
「フェーズ6」

四択
致死率100%のウィルスが蔓延する世界で、生き残った人間の姿を描いた2010年公開の映画は?
フェーズ6(答)

文字パネル
2009年にメキシコで発生し世界中に広まった病気に対し、WHOがつけた名称は「インフルエンザA(◯◯◯◯)」?
H1N1(答)

四択
1918年に世界中で流行したインフルエンザは俗に「何風邪」と呼ばれる?(画像選択肢)
スペインの国旗画像(答)

四択
1977年に世界中で流行したインフルエンザは俗に「何風邪」と呼ばれる?(画像選択肢)
ソ連の国旗画像(答)

線結び
次のインフルエンザとそれが世界中で大流行した年の正しい組み合わせを選びなさい
スペイン風邪───1918年
アジア風邪───1957年
香港風邪───1968年
ソ連風邪───1977年

並べ替え
2009年に鳥インフルエンザの感染予防作用があると判明したメカブに含まれる粘り成分は?
フコイダン(答)

パンデミック(英語: pandemic、世界流行[1])とは、ある感染症(特に伝染病)が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語である[2][3][4]。ただし英語のpandemicの意味は、「流行」という現象と「流行病」という病気との双方である[5]。前者は不可算名詞で、後者は可算名詞である。
語源はギリシア語のπανδημία(pandemia)で、παν(pan, 全て)+ δήμος(demos, 人々)を意味する[6]。
>ヒトからヒトにうつる伝染病の場合、最初に感染した患者が感染源となって別のヒトに伝染するため、しばしば規模が大きく、長期にわたる集団発生が起きる場合がある。このようなものを特に流行と呼ぶ。流行は、その規模に応じて(1)エンデミック、(2)エピデミック、(3)パンデミックに分類される[7][8]。このうち最も規模が大きいものがパンデミックである。
エンデミック(地域流行)
地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少なく、拡大のスピードも比較的遅い状態。この段階ではまだ、いわゆる「流行」とは見なされないこともあり、風土病もエンデミックの一種に当たる。
エピデミック(流行)
感染範囲や患者数の規模が拡大(アウトブレイク)したもの。比較的広い(国内から数か国を含む)一定の範囲で、多くの患者が発生する。
パンデミック(汎発流行)
さらに流行の規模が大きくなり、複数の国や地域にわたって(=世界的、汎発的に)、さらに多くの患者が発生するもの。
引用元:パンデミック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF

WHOの世界的インフルエンザ準備計画における現在の警戒フェーズ

 フェーズ記載の2009年更新版において、WHOは、新たな勧告とアプローチを既存の国レベルのインフルエンザ準備対策計画に盛り込み易くするため、6つのフェーズによる方法を維持した。パンデミックフェーズのグループ化と記述は容易に理解しやすく、より詳細に、観察可能な現象に基づいて改訂している。フェーズ1から3は収容能力を増やし対策計画の実効性を含む準備に関連づけ、フェーズ4から6は対策と緩和策に関する必要性を明らかに示すものである。さらに、パンデミック第1波の後の期間は、パンデミック後の回復活動促進を詳しく述べている。
pVIkLeX
>フェーズ6(パンデミックフェーズ)は、フェーズ5に定義された基準に加え、WHOの異なる地域において少なくとも他の1つの国で市中レベルでのアウトブレイクがあることである。このフェーズが指定されることは、世界的なパンデミックが進行中であることを示すものとなるだろう。
引用元:現在のWHOパンデミックフェーズ http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who21.html