実験器具手順 顕微鏡「接眼レンズ取り付け」「反射鏡」「プレパラート固定」 ガスバーナー着火「元栓」「マッチ」「ガスねじ調節」「空気ねじ調節」ガス消火(着火の逆)「空気ねじ」「ガスねじ」「元栓」 アルコールランプ「着火」「三脚下へ配置」「高さ調整」

018opDYFhu
338POXKNWS
次の顕微鏡で観察するときの
操作を、早く行う順に選びなさい
接眼レンズをつける
反射鏡を調整する
プレパラートを固定する

レンズつけて視界調整して観察物を載せるイメージ

文字パネル
16世紀末に顕微鏡を発明したといわれている、父ハンス息子ザハリアスのオランダ人親子は「◯◯◯◯親子」?
ヤンセン(答)


次の行動をガスバーナーで火をつける時の正しい操作手順となるように選びなさい
ガスの元栓を開く
マッチで火をつける
ガス調節ネジを少しずつ開く
空気調節ねじで空気を調節する

順番当て
次の動作をガスバーナーの火を消す時の正しい操作手順となるように選びなさい
空気調節ネジを閉じる
ガス調節ねじを閉じる
ガスの元栓を閉じる

順番当て
次の動作をアルコールランプを使う時の正しい操作手順となるように選びなさい
ランプに火をつける
ランプを三脚の下に持っていく
ランプの高さを調節する

一般的な、けんび鏡の使用手順[編集]
まず、水平で直接日光の当たらない場所に、けんび鏡を置く。
レンズを取り付ける時は、まずは接眼レンズ(せつがんレンズ)を取り付け、次に対物レンズ(たいぶつレンズ)を取り付ける。この順番を逆にすると、もし鏡筒の内部にホコリなどが入ってしまうと、対物レンズの上にホコリが落ちてしまい邪魔になる。(外すときは、逆の順序である。対物レンズを外し、接眼レンズを外す。)
対物レンズを、もっとも低倍率の物にセットし、次に接眼レンズをのぞきながら、視野全体が明るく見えるように反射鏡(はんしゃきょう)と しぼり を調節する。
プレパラートをステージの上に乗せクリップで固定し、顕微鏡を横から見ながら、なるべく対物レンズとプレパラートを近づける。ピント合わせは、まだ行わない。なるべく近づける理由は、ピント合わせを行うとき、レンズとプレパラートとを離す方向でピント合わせを行うことで、ぶつからないようにするためである。
接眼レンズをのぞきながら、ピント合わせのため、対物レンズとプレパラートを離していくように、調節ねじ をゆっくり回して調整する。
引用元:小学校理科/けんび鏡の使い方 – Wikibooks https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%90%86%E7%A7%91/%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%B3%E9%8F%A1%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9

顕微鏡の使い方手順

レンズ取り付け→明るさ調節→鏡筒を下げる→鏡筒を上げてピント合わせ

1.直射日光のあたらない水平なところに置く

2.接眼レンズ、対物レンズの順に取り付ける
 上から取り付けます。鏡筒の中にほこりやゴミが入らないようにするためです。

3.のぞきながら、視野が明るくなるように反射鏡の傾きを調節する
 全体的に明るくなるようにしましょう。

4.プレパラートをステージにのせ、クリップでとめる
 最初は低倍率のレンズにしておきます。

5.横から見ながら調節ねじを回し、対物レンズの先端をプレパラートの近くまで下げるレンズを近づける
 カバーガラスは割れやすく、レンズをキズつけますから、必ず横から直接見ながらぎりぎりまで下げます。
 ※ステージ上下式の顕微鏡の場合は、ステージを対物レンズぎりぎりまで上げます。

6.のぞきながら鏡筒を上げ、ピントを合わせるレンズを遠ざける
 いちばんよく見えるようにしぼりも変えてみる
 鏡筒を下げながらピント合わせをすると、うっかりプレパラートと対物レンズがぶつかったときにレンズをキズつけてしまいます。
 ※ステージ上下式の顕微鏡の場合は、ステージを下げながらピントを合わせます。
引用元:顕微鏡の使い方 http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/jikken2.html

顕微鏡(けんびきょう)とは、光学的もしくは電子的な技術を用いることによって、微小な物体を視覚的に拡大し、肉眼で見える大きさにする装置である。単に顕微鏡というと、光学顕微鏡を指すことが多い。
光学顕微鏡は眼鏡屋のヤンセン父子によって発明された。その後、顕微鏡は科学の様々な分野でこれまで多大な貢献をしてきた。その中で様々な改良を受け、また新たな形式のものも作られ、現在も随所に使用されている。顕微鏡を使用する技術のことを顕微鏡法、検鏡法という。また、試料を顕微鏡で観察できる状態にしたものをプレパラートという。
引用元:顕微鏡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%95%E5%BE%AE%E9%8F%A1

ガスバーナーの使い方
ixcbHue
引用元:www.osaka-c.ed.jp/kate/rika1/kenkyuu-kyouzai/kagaku/jikkensyo-kagaku/burner-tukaikata.pdf http://www.osaka-c.ed.jp/kate/rika1/kenkyuu-kyouzai/kagaku/jikkensyo-kagaku/burner-tukaikata.pdf

アルコールランプでお湯をわかしてみましょう。三脚はアルコールランプにあった高さのものを用意し、金網をのせ、水を入れたビーカーをのせておきます。アルコールランプに火をつけてから、三脚の下に滑り込ませます。お湯が沸きました。火を消すときはアルコールランプを引き出し、ふたをかぶせます。火が消えたら一度ふたをはずし、じゅうぶん冷えてからふたをかぶせます。
引用元:アルコールランプと三脚 手順 – Google 検索 https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&oq=%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&aqs=chrome..69i57j69i59j0l4.980j0j4&sourceid=chrome&es_sm=0&ie=UTF-8#newwindow=1&q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%A8%E4%B8%89%E8%84%9A%E3%80%80%E6%89%8B%E9%A0%86