アポロ13号乗組員「ラヴェル」「スワイガート」「ヘイズ」月周回軌道に乗らず「9号(周回以外の準備実験のため)」「13号(事故のため)」

349BvoDAsw

次のうち
アポロ13号の乗組員を
全て選びなさい
ジョン・スワイガート(答)
ジョン・ヤング アポロ10号、16号
ジム・ラヴェル(答)
フレッド・ヘイズ(答)
ユージン・サーナン アポロ10号、17号
41%


066fjzGrqQ
次の「アポロ計画」の宇宙船を
月周回軌道に乗ったか否かで
グループ分けしなさい

月周回軌道に乗った軌道に乗らなかった
アポロ14号
アポロ13号
アポロ12号
アポロ9号
アポロ10号
アポロ8号
アポロ15号
アポロ17号

月面着陸11号の1号前の10号から月周回を始め、13号の事故を除き、以降は月周回軌道に乗ったようです。
「月周回に乗らなかった」ゴロ「被災(13)で苦労(9)」

アポロ13号はアメリカ合衆国のアポロ計画において、3度目に行なわれた有人月飛行である。
>1970年4月11日、米中部時間13時13分、ジェームズ・A・ラヴェル船長、ジョン・L・スワイガート司令船操縦士、フレッド・W・ヘイズ月着陸船操縦士を乗せたサターンV 型ロケットは、第3番目の有人月面飛行を目指して、ケネディ宇宙センター第39複合発射施設から発射された。
>2日後、電線が短絡し火花が散ったことにより機械船の酸素タンクが爆発し、飛行士たちは深刻な電力と水の不足に見舞われることになった。司令船には独自のバッテリーと酸素が搭載されているが、それらは大気圏再突入の際に必要になるもので、使用することはできない。そのため、彼らは着陸船を救命ボートに見立て乗り移り、電力消費を限界まで抑え、よって生成量が激減した飲料水の消費を極力控える負荷に耐え、無事地球に生還した。
この危機への対応の鮮やかさにより、13号は「成功した失敗 (“successful failure”)」[3]、「栄光ある失敗」などと称えられるようになった。
引用元:アポロ13号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD13%E5%8F%B7

1969年3月、アポロ9号は宇宙船によるランデブー、ドッキング、月着陸船の初飛行その他の実験を実施、続く5月のアポロ10号は第2回の有人月周回飛行を行い、月表面から14.5キロメートルまで降下して月着陸のリハーサルを行った。以上のような積み重ねのうえに、ついにケネディの公約を果たすときがきた。7月16日、船長アームストロングNeil Armstrong、オルドリンEdwin E. Aldrin(1930― )、コリンズMichael Collins(1930― )が搭乗した3人乗りアポロ11号は予定どおり打ち上げられた。同月20日母船から切り離された月着陸船イーグル(アームストロング、オルドリンが搭乗)は、月面の「静かの海」の着陸予定点の南7.4キロメートルに着陸、船長のアームストロングは22時56分20秒(アメリカ東部標準時間)に左足から月面に降り立ち、「この一歩は小さいが、人類にとっては偉大な飛躍となろう」と地球に名言を送った。
>これ以降、1972年12月のアポロ17号までアポロ計画は続けられ、13号を除いて、いずれも月面での地質調査や試料の採集など、探査を行った。15号では、初めて月面移動車を使用した。1970年4月11日に打ち上げられた13号は、打上げ2日後、機械船内の酸素タンクの破裂という事故にあった。月面着陸が不可能になったのはもちろん、3人の飛行士の生命も危ぶまれた。彼らはテキサス州ヒューストンのミッション・コントロール・センターの飛行管制官と冷静、沈着に連絡処置を行った結果、緊急対策として月着陸船に移動して飛行を続け、着陸船の下降用エンジンを用いて飛行経路の修正を行い、月まで到達したうえで、月の引力を利用して地球への軌道に入り、全世界の人々の注目のなか、4月17日太平洋上に無事帰還した。
引用元:アポロ計画(アポロけいかく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB-27070#アポロ計画の成果

アポロ8号は、アメリカ合衆国のアポロ計画における二度目の有人宇宙飛行である。1968年12月21日に発射され、地球周回軌道を離れて月を周回し、再び安全に地球に戻ってきた初の宇宙船となった。
船長のフランク・ボーマン、司令船操縦士のジム・ラヴェル、着陸船操縦士のウィリアム・アンダースの三人の宇宙飛行士は、人類として初めて (1) 地球周回軌道を離れ、(2) 地球全体を一目で見、(3) 月の裏側の様子を確認し、(4) 月において地球の出を目撃した。この1968年のミッションはサターン5型ロケットの三度目の飛行であり、また同ロケットを使用しての初の有人飛行であった。さらにフロリダ州のケープカナベラル空軍基地に隣接するケネディ宇宙センターから有人宇宙船が発射されるのも、これが初めてのことであった。
引用元:アポロ8号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD8%E5%8F%B7

アポロ9号はアメリカ合衆国のアポロ計画における三度目の有人宇宙飛行である。アポロ司令・機械船を月着陸船とともにフルセットで打ち上げるのは、これが初めてだった。ジェームズ・マクディビット (James McDivitt) 船長、デイヴィッド・スコット (David Scott) 司令船操縦士、ラッセル・シュワイカート (Rusty Schweickart) 月着陸船操縦士の三名の宇宙飛行士は、着陸船のロケットエンジン・宇宙服の生命維持装置・航法装置・ドッキング操作など、月面着陸において重要となるいくつもの要素について試験を行った。またサターン5型ロケットを使用して有人飛行を行うのは、これが二度目であった。
引用元:アポロ9号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD9%E5%8F%B7

アポロ10号はアメリカ合衆国のアポロ計画における四度目の有人宇宙飛行である。この飛行はアポロ計画の中で「F計画」に分類されるもので、その目的は次のアポロ11号のためのリハーサルであり、月面着陸のためのすべての手順と機器を、実際に月に着陸することなしに検証することであった。この飛行では、史上二度目となる有人月周回飛行 (史上初の月周回飛行は アポロ8号が行った) と、月着陸船の全機器の試験が月周回軌道上で行われた。またこのとき着陸船は、月面から8.4海里 (15.6km) まで接近した[2]。
>この計画では宇宙船の識別符号に漫画「ピーナッツ」のキャラクターである チャーリー・ブラウンとスヌーピーが使用されたため、半公式的に計画自体のマスコット・キャラクターとなった[3]。また作者のチャールズ・M・シュルツ (Charles M. Schulz) 自身も、計画に関連するイラストをNASAのために描いた。
引用元:アポロ10号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD10%E5%8F%B7

アポロ11号はアメリカ合衆国のアポロ計画において、歴史上初めて人類を月面に到達させた宇宙飛行である。
>ニール・アームストロング船長、バズ・オルドリン月着陸船操縦士、マイケル・コリンズ司令船操縦士の3宇宙飛行士を乗せたサターンV 型ロケットは、1969年7月16日ケネディ宇宙センター第39複合発射施設から打ち上げられ、およそ3日半後に月周回軌道に到達。7月20日司令船「コロンビア」から分離された月着陸船「イーグル」は下段ロケットの噴射で減速しながら月面「静かの海」に軟着陸、アームストロングとオルドリンが、人類として初めて月面に降り立った。コリンズは「コロンビア」に残って周回軌道上に留り、月面を離脱後の「イーグル」上段との再ドッキングに備える傍ら、月面の写真撮影を行った。
引用元:アポロ11号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD11%E5%8F%B7

アポロ12号はアメリカ合衆国のアポロ計画における6番目の飛行であり、H計画と呼ばれる月面への着陸を行う2度目の飛行であった。フロリダ州のケネディ宇宙センターから発射されたのは1969年11月14日のことで、アポロ11号から4ヶ月後のことだった。船長ピート・コンラッド (Pete Conrad) と月着陸船操縦士アラン・ビーン (Alan Bean) は1日と7時間にわたって月面で船外活動を行い、その間司令船操縦士リチャード・ゴードン (Richard F. Gordon, Jr.) は月周回軌道上にとどまっていた。着陸船の月面での着陸地点は、嵐の大洋の南部であった。
引用元:アポロ12号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD12%E5%8F%B7

アポロ13号はアメリカ合衆国のアポロ計画において、3度目に行なわれた有人月飛行である。
>1970年4月11日、米中部時間13時13分、ジェームズ・A・ラヴェル船長、ジョン・L・スワイガート司令船操縦士、フレッド・W・ヘイズ月着陸船操縦士を乗せたサターンV 型ロケットは、第3番目の有人月面飛行を目指して、ケネディ宇宙センター第39複合発射施設から発射された。
2日後、電線が短絡し火花が散ったことにより機械船の酸素タンクが爆発し、飛行士たちは深刻な電力と水の不足に見舞われることになった。司令船には独自のバッテリーと酸素が搭載されているが、それらは大気圏再突入の際に必要になるもので、使用することはできない。そのため、彼らは着陸船を救命ボートに見立て乗り移り、電力消費を限界まで抑え、よって生成量が激減した飲料水の消費を極力控える負荷に耐え、無事地球に生還した。
この危機への対応の鮮やかさにより、13号は「成功した失敗 (“successful failure”)」[3]、「栄光ある失敗」などと称えられるようになった。
引用元:アポロ13号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD13%E5%8F%B7

アポロ14号はアメリカ合衆国のアポロ計画における8度目の有人宇宙飛行である。史上3度目となる月面着陸を行った。「H計画」と呼ばれる、二日間にわたる月面滞在をしてその間に船外活動などを行う飛行はこれが最後のものとなった。
アラン・シェパード (Alan Shepard) 船長、スチュアート・ルーサ (Stuart Roosa) 司令船操縦士、エドガー・ミッチェル (Edgar Mitchell) 月着陸船操縦士の三飛行士を乗せたサターン5型ロケットは1971年1月31日、予定時刻よりも40分02秒遅れて午後4時04分02秒に、ケネディ宇宙センターから9日間の飛行に向けて打ち上げられた。発射時間がずらされたのは悪天候によるもので、このような遅延が生じたのはアポロ計画で初めてのことだった[1]。シェパードとミッチェルは2月5日、フラ・マウロ丘陵 (Fra Mauro formation) に着陸した。ここは失敗に終わったアポロ13号の着陸予定地点であった。二回にわたる船外活動では42kg (93ポンド) の岩石が採集され、地震の観測などを含むいくつかの科学実験が行われた。またシェパードは地球からゴルフクラブを持っていき、ゴルフボールを2球打った。月面滞在時間は33時間で、そのうち船外活動に費やしたのは9.5時間であった。
引用元:アポロ14号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD14%E5%8F%B7

アポロ15号はアメリカ合衆国のアポロ計画における4度目の月面着陸飛行である。アメリカの有人宇宙飛行は、これで8回連続で成功を収めた。また月面車を使用し、より長い期間月面に滞在して科学的探査に重点を置く、いわゆるJ計画が初めてこの飛行で行われた。
発射は1971年7月26日、帰還は8月7日だった。NASAは15号を、それまでに行われた中で最も成功した有人宇宙飛行であったと表明した[1]。
引用元:アポロ15号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD15%E5%8F%B7

アポロ16号はアメリカ合衆国のアポロ計画における10度目の有人宇宙飛行である。史上5度目 (2014年現在、最後から2番目) となる月面着陸を果たした。また月の高地に着陸するのはこれが初めてのことで、月面車を使用して長期間の月面滞在をする「J計画」としては2度目の飛行であった。ジョン・ヤング (John Young) 船長、チャールズ・デューク (Charles Duke) 月着陸船操縦士、ケン・マッティングリー (Ken Mattingly) 司令船操縦士の三名の宇宙飛行士を乗せたサターン5型ロケットは、1972年4月16日午後12時54分 (米東部標準時) フロリダ州ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターから発射され、4月27日午後2時45分 (米東部標準時) に帰還するまで、11日間と1時間51分にわたる飛行を行った[2][3][4]
引用元:アポロ16号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD16%E5%8F%B7

アポロ17号は、アメリカ合衆国のアポロ計画における最後の飛行である。2015年現在、史上6度目にして最後の有人月面着陸を行い、また地球周回低軌道を越えて人類が宇宙を飛行した最後の例となっている[2][3]。また、アポロ宇宙船を月面着陸という本来の目的で使用する最後の飛行ともなった。同宇宙船がこの後に使われたのは、スカイラブ計画とアポロ・ソユーズテスト計画のみであった。船長ユージン・サーナン (Eugene Cernan)、司令船操縦士ロナルド・エヴァンス (Ronald Evans)、月着陸船操縦士ハリソン・シュミット (Harrison Schmitt) の3名を乗せて1972年12月7日にフロリダ州ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。
引用元:アポロ17号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD17%E5%8F%B7