「テスラ」・モーターズ セルビア人物理学者テスラに因む 「ガンマ」γ鉄「温度によって結晶構造が変化」 「有機化学の炭素の位置」 1γ=10の-9乗テスラ 1γ=100万分の1グラム

462TORSwLR
セルビア人の物理学者の名にちなむ
アメリカの電気自動車メーカーは
◯◯◯モーターズ?
◯を答えなさい
テスラ(答)
「テスラ・モーターズ」

027ckjxHJQ
金属や合金の相
有機化合物の炭素原子の位置
10億分の1テスラ
100万分の1グラム
オメガ
パイ
ミュー
ガンマ(答)

有機化合物の「π結合」や共有結合の「σ結合」を連想すると誤答するのでご注意下さい。


1の3乗根
スイスの時計メーカー
電気抵抗
ギリシャ文字の最後
オメガ(答)

連想
中間子
相乗積
浸透圧
円周率
パイ(答)

連想
粘性係数
摩擦係数
JAXAのロケット
かつての「ミクロン」の略語
μ(ミュー)(答)

CIMG0513xnGmcDCXfxGm
共有結合のうち
2個の原子の間の結合軸に
結合電子が分布している
形式の結合を何という?
π結合
μ結合
σ結合(答)
δ結合

テスラモーターズ は、電気自動車がガソリン車を超えられることを証明したいと願ったシリコンバレーのエンジニア数名により、2003年に設立されました。テスラ車は、瞬時に得られるトルク、絶大なパワー、ゼロエミッションを誇る妥協のない車です。世代が新しくなる度に車の価格は下がり、世界の持続可能な輸送手段へのシフトを加速するという、テスラのミッションの達成に近づきます。

テスラのエンジニアは初め、社名の由来となった発明家のニコラ テスラが1888年に特許を取得した交流誘導電動機を中心としたスポーツカーのパワートレインを設計しました。そこから生まれたテスラ ロードスターは、2008年に発売されました。3.9秒で時速100 kmまで加速し、搭載されたリチウムイオン バッテリー1回の充電で394 kmの航続距離を誇るロードスターは、EVの新基準を確立しました。テスラは2,400台以上のロードスターを30カ国以上の国々で販売しました。
引用元:テスラについて | テスラモーターズジャパン https://www.teslamotors.com/jp/about

テスラモーターズ(英: Tesla Motors, Inc.、NASDAQ: TSLA)は、アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点に、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社である[1]。本社所在地はカリフォルニア州パロアルトであり、社名は電気技師であり物理学者であるニコラ・テスラにちなむ[2]。
引用元:テスラモーターズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA

ニコラ・テスラ(セルビア語ラテン文字表記・英語:Nikola Tesla/セルビア語キリル文字表記:Никола Тесла、1856年7月10日 – 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家。交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明、また無線送電システム(世界システム)を提唱したことでも知られる。磁束密度の単位「テスラ」にその名を残す。
8か国語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通していた。
>科学技術の発展に著しい貢献をしたとして、母国セルビアの100ディナールに肖像が使用されている。
>IEEE(電気電子学会)の最高勲章であるエジソン勲章受賞を1916年に打診され、一度は固辞するものの1917年に受け取る。[7]
1975年には、テスラの名前を冠したIEEE ニコラ・テスラ賞(英語版)が設けられている。
>テスラモーターズ(米国の新興の電気自動車メーカー。オマージュとして彼の名にちなむだけで、開業の経緯や資本関係はない)
引用元:ニコラ・テスラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%A9

大辞林 第三版の解説
ガンマ【Γ】

〔ガンマーとも〕
①ギリシャ語アルファベットの第三字。
②質量の単位。一ガンマは100万分の1グラム。マイクログラム。
③有機化合物において,炭素原子の位置を示す記号。基本となるものから三番目のものを示す。
④金属・合金の相の区別を表す記号の一。 「 -鉄」
⑤写真感光材料の階調度を示す数値。値が大きいほど画調は硬くなる。
引用元:Γ(ガンマ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%CE%93-238655

オーステナイト(austenite)は、鉄のγ鉄に炭素や合金元素などの他の元素が固溶したもの[1]。イギリスの冶金学者ロバーツ・オーステン(Sir William Chandler Roberts-Austen)によって発見され、オーステナイトという名称は、彼の名前から由来している[2]。現在ではあまり使用されないが、組織形状が田んぼに似ていることから、日本の冶金学者本多光太郎による大洲田という漢字の当て字がある[2]。
引用元:オーステナイト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88

オーステナイト、マルテンサイト、フェライトの違いは何ですか?金属の構造が違うのですか?
>鉄、および鉄の固溶体の金属結晶構造の名前です。
鉄は温度によって結晶構造が変わる非常に珍しい元素です。
純鉄の場合、常温では鉄の結晶構造は体心立方格子をしています。この結晶構造をフェライトといいます。α鉄ともいいます。
温度を上げて911℃以上になると面心立方格子を取るようになります。この結晶構造をオーステナイトといいます。γ鉄ともいいます。
さらに温度を上げて1392℃以上となると再び体心立方格子となり、これはδフェライトとかδ鉄といいます。δフェライトと区別するためα鉄をαフェライトと呼ぶ場合もあります。
引用元:オーステナイト、マルテンサイト、フェライトの違いは何です… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032424690

鎖式ケトン、カルボン酸などでは、置換位置をα、β、γなどのギリシア文字で表すことがあります。この場合はCOの隣の炭素原子をαとします。環に結合する側鎖も、同様に環の隣の炭素原子をαとし、順次β、γなどの位置記号をつけます。鎖の末端はギリシア文字ωで表します。
WGGfbcs
引用元:化学書資料館 https://www.chem-reference.com/guide/detail1.html

地磁気(ちじき、英: geomagnetism[1]、Earth’s magnetic field)は、地球が持つ磁性(磁気)である。及び、地磁気は、地球により生じる磁場(磁界)である。
磁場は、空間の各点で向きと大きさを持つ物理量(ベクトル場)である。地磁気の大きさの単位は、SI単位系の磁束密度の単位であるテスラ(T)である。通常、地球の磁場はとても弱いので、「nT(ナノテスラ)」が用いられる。地球物理学で地磁気の磁束密度を表すのに使用されたガンマ (γ) は、10-9テスラ = 1ナノテスラ (nT) に等しい。
1ナノテスラ (nT) = 10-9テスラ (T) = 10-5ガウス (G) = 1ガンマ (γ)[2]
引用元:地磁気 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%A3%81%E6%B0%97

地磁気の単位
地磁気の大きさの単位には,SI単位系の磁束密度の単位である, テスラ(T)を使います.地球の磁場はとても弱いので, テスラの10-9のナノテスラ(nT)をよく使います.
以前は,CGS単位系のガウス(G)と呼ばれる単位を使っていました. ガウスの10-5はガンマ(γ)と呼ばれていました.
SI単位系のナノテスラとCGS単位系のガンマは等しい関係にあります.
地磁気の方向の単位には.一般に使われている角度の単位の度(°), または分(′)を使います.度と分の両方で表示する場合もあります.
引用元:地磁気を知る http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/menu_01/

電子は、原子核の周りにある電子殻に収められていますが、実際にはもっと細かい電子軌道があって、その軌道を回っています。1つの電子軌道には2つまで電子を入れることができ、また2つ入った状態が安定です。
不対電子を持った2つの電子軌道が近づくと、電子軌道が重なりをもって結合し、新しい電子軌道をつくりだします。2つの電子はその軌道に入り、安定した状態になります。

その際に2種類の結合ができます。

σ結合
単結合するときにできる
π結合に比べると切断されにくい
σ結合は回転に対してほぼ抵抗しない
AZmdSEG
エタンを例にとって見てみます。
σ電子軌道は、立体的なエクスクラメーションマーク「!」のような形をしていて、C原子の中心から正四面体の頂点に向かうように出ています。
C-C結合を中心に回転しても、つながりが切れることはないため、回転に対してはほとんど抵抗しません。

π結合
二重結合、三重結合、ベンゼン環などの不飽和結合が持っている
σ結合に比べると切断されやすい
π結合は回転できない
uRQmrjw
引用元:化学魔の還元 [ハイレベル有機反応編 2.σ結合・π結合] http://kagakuma.iza-yoi.net/highyuki/highyuki2.html