「フィック錯視」T字の錯視「カニッツァ錯視」周辺の図形から三角形が知覚「ミュラー・リヤー錯視」矢羽をつけた線分

138MREiEer
同じ長さの線なのに下の方が短く
見える、この錯視は?
(画像出題)
ポッゲンドルフ錯視
ヘリング錯視
ミュラー・リヤー錯視(答)
カニッツァ錯視

319TSJvQvS
同じ長さなのに横線より縦線の方が
が長く見える、この錯視は?
(画像出題)
ポッゲンドルフ錯視
ジャストロー錯視
エビングハウス錯視
フィック錯視(答)

CIMG0802
この地図記号が
示すものは?
(画像出題)
墓地(答)
引用元:紛らわしい地図記号 「灯台」中央に●(光源)あり「工場」歯車を図式化、光源なし「発電所」工場に電気回路 「文」小中学校「◯の中に文」高等学校「×」交番「◯の中に×」警察署 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/12638/

CIMG9256hcvxZRSwBhwG
白い三角形が存在するように
見える、この錯視は?
(画像出題)
カニッツァ錯視(答)
フィック錯視
ジャストロー錯視
オッペル・クント錯視

CIMG0389TrPucVaYmBEi
同じ長さの線分に
外向きの矢と内向きの矢を
つけた錯視図形を
何の図形という?
ヤ・ミーューリラ
ミュラー・リヤー(答)

010XazBMzKDos
イギリスの数学者
ブラックホール特異点定理を証明
2008年コプリ・メダルを受賞
三角形の錯視図形に名を残す
ロジャー・ペンローズ(答)
アンドリュー・ワイルズ
ジョン・ナッシュ
グリゴリー・ペレルマン
DOHAxhZ
引用元:ペンローズの三角形 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%BD%A2

引用元:ロジャー・ペンローズ 「ブラックホール特異点定理」「ペンローズの三角形」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/66/

錯視(さくし、英: optical illusion[1])とは、視覚に関する錯覚のことである。俗に「目の錯覚」ともよばれる。生理的錯覚に属するもの、特に幾何学的錯視については多くの種類が知られている。だまし絵とは異なる原理による。
>ミュラー・リヤー錯視[編集]
ミューラー・リヤー錯視(Müller-Lyer illusion)はミューラー・リヤーが1889年に発表した錯視[2]。線分の両端に内向きの矢羽を付けたもの(上段)と外向きの矢羽を付けたもの(中段)の線分は、上段が短く、中段は長く感じる[2]が、実際は同じ長さである。この錯覚が発生する説明は様々な側面から行われているが、有名な説明として、グリゴリーが1963年に発表した線遠近法が挙げられる[2]。
hhKElSq

>フィック錯視[編集]
フィック錯視(Fick illusion)はフィック(Fick)によって1851年に示された、同じ長さの図形は縦にされたものが横にされたものより長く感じるという錯視[5][6]。 右の図形「A」と「B」は合同であるが、図形Bの方が長く見える。また、図形Aの方が太く見える。これは一般に、水平な横線より垂直な縦線の方が長く認識されるために起こるとされるが、この図形を90度傾けても図形Bの方が長く見えるため、詳しいメカニズムはまだ解明されていない。垂直水平錯視(vertical-horizontal illusion, V-H illusion)ともいわれる[6]。
msbloVn
>ポッゲンドルフ錯視[編集]
詳細は「ポゲンドルフ錯視」を参照
斜線を描き、その間の形跡を別の図形で隠すと、その直線の始まりと終わりがずれて見える錯視で、よく知られる錯視である。図ではAとつながっているのは、一見それらしく見えるBではなく、Cが正しい。なお、この錯視はミュラーリヤーが投稿した論文の中から、審査員であったポッゲンドルフが発見したものであり、彼はミュラーにこの発見も付け加えるように依頼したが、ミュラーが気を利かせ、事実上の発見者であるポッゲンドルフの名前を冠して論文発表したといわれている。
deSSPXg
>オッペル・クント錯視[編集]
まずは等間隔に3本の平行線を引き、それぞれA、B、Cとする。AとBの間には何本もの平行線を引き、BとCの間には何も引かない。すると、AとBの間隔の方が広く見える。図の線分ABと線分BCの距離は同じである。なお、最初に文献にて提示したのはオッペルであるが、後にクントが量的研究を行ったことから、今日では先駆者の2人の名を連ねてこう呼ぶのが一般的である[7]。
hzCtkAs
>ジャストロー錯視ともいう。上の図で、二つの扇形では内側、即ち下の扇形の方が大きく見える。しかし右の図を見ればわかるようにこの二つの扇形は同じ形である。また、その応用で台形を上下に並べると必然的に上の台形が大きく見える。
ZGzXwbc
引用元:錯視 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%AF%E8%A6%96