細菌に存在するもの「細胞膜」「細胞壁」「リボソーム」

108cmKxBDO
次のうち、細菌の細胞に
存在するものを全て選びなさい
細胞壁(答)
細胞膜(答)
リボソーム(答)
中心体
葉緑体
ゴルジ体
ミトコンドリア
核膜
28%

VhDNhyl
細菌は1個の細胞から出来ていて、その中に核酸であるDNAと、いくつかの蛋白質などが含まれている
引用元:virology1.html http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/kansensho/virus17/bacteria.html

細菌【さいきん】

バクテリアとも。原核細胞からなる単細胞生物。普通は真正細菌類を指すが,放線菌,糸状菌,スピロヘータ,紅色細菌等を含めることもある。大きさは幅0.2~10μmで,細胞膜と細胞壁を持つが,核・葉緑体・ミトコンドリアなどの構造を持たない。
引用元:細菌(さいきん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%B4%B0%E8%8F%8C-14211

真正細菌(しんせいさいきん、ラテン語:Bacteria/バクテリア、単数形:Bacterium)あるいは単に細菌(さいきん)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。
真核生物と比較した場合、構造は非常に単純である。しかしながら、はるかに多様な代謝系や栄養要求性を示し、生息環境も生物圏と考えられる全ての環境に広がっている。その生物量は膨大である。腸内細菌や発酵細菌、あるいは病原細菌として人との関わりも深い。語源はギリシャ語の「小さな杖(βακτήριον)」に由来している[1]。
>細胞の構造[編集]
詳細は「細菌の細胞構造」を参照
外観は古細菌と酷似するが、各構成素材は異なる場合がある。細胞構造は外部から、べん毛、線毛、莢膜、細胞壁、ペリプラズム、細胞膜、細胞質などから構成されている(べん毛、線毛、莢膜は持たないものもいる)。細胞質には、細胞膜に付着する形でゲノムDNA(核様態という形に凝集)、プラスミド、また電子伝達系などの一部のタンパク質が存在し、リボソームやその他のタンパク質は細胞内部に混ざっている。また、種によっては内部構造としてメソソーム、チラコイドや気泡、顆粒、DNAを包む核膜様構造(プラクトミケス門の一部のみ)が見られることもある。
引用元:真正細菌 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E6%AD%A3%E7%B4%B0%E8%8F%8C

原核細胞
げんかくさいぼう
procaryotic cell

核膜をもたず,したがって明確な輪郭をもつ核の観察できない細胞。前核細胞ともいう。具体的には細菌(→細菌類)と藍藻類がこれに属する。これに対して明確な核をもつ細胞を真核細胞という。原核と真核の差を生物界での大きな分類区分の一つとしてあげるときには「原核生物」というが,原核生物はすべて単細胞性なので実質的には原核細胞と同じことである。
引用元:原核細胞(げんかくさいぼう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%8E%9F%E6%A0%B8%E7%B4%B0%E8%83%9E-60327

ウイルスは他の微生物とは大きく異なり,細胞壁,細胞膜,細胞質,核等の構造を持たない。(例 細菌の構造)

ウイルスは遺伝子である核酸(DNAかRNA)を中心にして,その周囲を蛋白の殻(カプシッド capsid)で包んだ構造からできている(この構造をヌクレオカプシッドという)。

ウイルスの種類によっては,ヌクレオカプシッドの外側にさらに脂質と糖タンパクからなる被膜(エンベロープ envelope)が存在する。
引用元:kouzou http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/kansensho/virus17/kouzou.html