「メガラクネ」石炭紀の節足動物 ウミサソリの仲間 ゴロ「目が楽ね」 「メガネウラ」石炭紀の原始的トンボ ゴキブリトンボ ゴロ「眼鏡裏」

018DRHLuHx
当初はクモと思われていた石炭紀
に生息していたウミサソリの仲間
メガラクネ(答)

ゴキブリトンボ「メガネウラ」と誤認していました。
「目が楽ね」みたいなイメージで。

pZmwPtX
引用元:File:Megarachne BW.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:Megarachne_BW.jpg

メガラシネ(Megarachne、メガラクネとも)は、古生代の石炭紀に生息していた節足動物。発見当初はクモの化石とされたが、その後ウミサソリの一種であると分かった。
引用元:メガラシネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%8D

メガラクネ 学名(Megarachne servinei )
>化石が発見された当初は、60cmもの巨大なクモの仲間と
思われ、史上最大のクモとして知られていましたが、最近は
ウミサソリの仲間と判明しました。湿地帯で生息しており
カニやザリガニのような生活をしていたといわれています。
引用元:メガラシネ・川崎悟司イラスト集 http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/megarasine.html

Megarachne servinei is an extinct eurypterid found in Upper Carboniferous (Pennsylvanian)-aged freshwater strata near Córdoba, Argentina.[2]
引用元:Megarachne – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Megarachne

メガネウラ (Meganeura) は、約2億9,000万年前(古生代石炭紀末期)の森に生息していた原始的なトンボ。原蜻蛉目(げん-せいれい-もく。原トンボ目とも称する)に分類される。日本語ではゴキブリトンボともいう。
現在知られている限りで史上最大の昆虫は、本種と同じメガネウラ科に属する近縁種メガネウロプシス・アメリカラ (Meganeuropsis americara) である。同種は史上最大の飛翔性節足動物でもある。
引用元:メガネウラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%82%A6%E3%83%A9